2017年07月23日

セロトニン濃度が高いと友達との幸福共有効果が低い


セロトニン濃度が高いほど、友達との幸福共有効果が低いという研究があります。具体的には、唾液中セロトニン濃度が高いほど、自分も友達も目標を達成しても幸せはそんなに高くないと思うのです。また、唾液中セロトニン濃度が高いほど、共感の内の視点取得が低いという結果も得られました。

Matsunaga, M., Ishii, K., Ohtsubo, Y., Noguchi, Y., Ochi, M., & Yamasue, H. (2017). Association between salivary serotonin and the social sharing of happiness. PLoS ONE, 12(7): e0180391. doi:10.1371/journal.pone.0180391.

愛知医科大学医学部衛生学講座の松永昌宏講師、神戸大学大学院人文学研究科・文学部文化心理学研究室の石井敬子准教授、同大学同研究室の越智美早修士課程(OB)、同大学進化社会心理学研究室の大坪庸介准教授、同大学社会動態専攻の野口泰基准教授、浜松医科大学医学部精神医学講座の山末英典教授による論文です。

参加者は、セロトニン系に作用する向精神薬を服用していない神戸大学の大学生213名(平均年齢19.26歳,範囲18〜25歳)。男子学生100名、女子大生112名、性別不明1名。ただし、気分が悪くなったり、質問紙への回答が不完全だったりなどの理由で全員のデータを解析したわけではありません(質問紙への回答が不十分な場合は残りの回答をデータ解析に使った場合もあり)。女性の平均年齢は19.036歳、男性の平均年齢は19.500歳と、男性の方が有意に年齢が高くなりました。女性のBMIの平均値は20.252、男性のBMIの平均値は20.948と、男性の方が有意に高くなりました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感情心理学・情動心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

ハッザ族は夜でも誰かが起きていることが多い

タンザニアの狩猟採集民、ハッザ族は夜に全員寝ることは稀で、誰かが覚醒していることが大半という研究があります。

Samson, D. R., Crittenden, A. N., Mabulla, I. A., Mabulla, A. Z. P., & Nunn, C. L. (2017). Chronotype variation drives night-time sentinel-like behaviour in hunter–gatherers. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences, 284:20170967. DOI: 10.1098/rspb.2017.0967.

カナダのトロント大学人類学研究室、アメリカのデューク大学進化人類学研究室、同大学デューク世界衛生研究所(Duke Global Health Institute)、ネバダ大学ラスベガス校人類学研究室、タンザニアのダルエスサラーム大学資源評価研究所(Institute of Resource Assessment)、同大学人類学遺産学研究室の研究者による論文です。

狩猟採集民族、ハッザ族(Hadza族)の夜の活動パターンを、身体活動や睡眠-覚醒リズムを測ることのできる加速度センサー、アクティグラフィー(アクチグラフィー)で計測した研究です。

その結果、20日間の観察期間中、全員が眠っていた時間は18分だけで、夜通し起きていたハッザ族の人数の中央値は8人でした。つまり、初めの人が眠りについてから最後の人が起床するまでの時間の99.8%は誰かが起きていたか、ウトウトするぐらいだったのです。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 15:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする