2017年06月03日

開放性が高い人は裸でダラダラ過ごすことが多い(自宅)


性格特性と日常生活の行動頻度との関係を調べた研究があります。その中で個人的に面白かったものをピックアップすると、表題の「開放性が高い人は裸でダラダラ過ごすことが多い(自宅)」以外に、調和性が高い人は車の中で歌ったり、シャワー中に歌うことが多い、勤勉性が高い人は鉛筆を口にくわえないことが多い、開放性が高い人は、食べ残しや庭の廃棄物を堆肥にすることが多い、といった関係がありました。

Chapman, B. P., & Goldberg, L. R. (2017). Act-frequency signatures of the Big Five. Personality & Individual Differences, 116, 201-205. doi:10.1016/j.paid.2017.04.049.

アメリカのロチェスター大学医科歯科学部とオレゴン研究所の研究者2名による共著論文です。

調査協力者は、米国オレゴン州のユージーン-スプリングフィールドコミュニティサンプル(Eugene-Springfield Community Sample,ESCS)。サンプル全員が住宅所有者。後述する質問紙2種類とも回答した人は765人。平均年齢 51.4歳(SD = 12.7)、女性58%、白人98%。

以下の質問紙を使用
続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 性格心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

オキシトシンで女性心理士からのアドバイスに従順になる


鼻腔内のオキシトシン投与で女性心理士からのアドバイスに従順になるという研究があります。

Luo, R., Xu, L., Zhao, W., Ma, X., Xu, X., Kou, J., Gao, Z., Becker, B., & Kendrick, K. M. (2017). Oxytocin facilitation of acceptance of social advice is dependent upon the perceived trustworthiness of individual advisors. Psychoneuroendocrinology, 83, 1–8. doi:10.1016/j.psyneuen.2017.05.020.

中国成都市の電子科技大学医学情報センター生命理工学院神経情報学重点実験室の研究者による論文です。

本研究は、オキシトシン鼻腔内投与が、日常生活で生じる社会的問題解決に関するアドバイスの受け入れに与える影響を調べることを目的としました。アドバイスをする側(アドバイザー)は専門家の心理士か非専門家とし、好感度や信頼性に与える影響も調べました。

参加者は160名の男女。二重盲検法の被験者間実験計画で、プラセボ対照試験デザインを用いました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理療法、臨床心理学、精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする