2017年06月11日

1人より2人で決めた方が衝動的にならない

1人で報酬を選択するより2人で合意を形成した上で報酬選択をした方が衝動性が低くなるという研究があります。また、1人より2人で合意選択をした方が有利な選択ができ、最終的に獲得する報酬金額が大きいという結果も得られました。さらに、最初に2人の間に意見の不一致がある場合でも、最終的には衝動的な選択をせず、獲得までに時間がかかる大報酬を待て、有利な選択が可能でした。

Schwenke, D., Dshemuchadse, M., Vesper, C., Bleichner, M. G., & Scherbaum, S. (2017). Let’s decide together: Differences between individual and joint delay discounting. PLoS ONE, 12(4): e0176003. doi:10.1371/journal.pone.0176003.

ドイツのドレスデン工科大学心理学研究室、ツィッタウ・ゲルリッツ大学社会科学研究科、オルデンブルク大学(カール・フォン・オシエツキー大学オルデンブルク)心理学研究室、ハンガリーの中央ヨーロッパ大学認知科学研究室の研究者らによる論文です。

実験参加者は60人(女性45人)。平均年齢は22.9歳(SD = 3.6)。彼らは2人1組に分けられました(女性ペアが18組,男性ペアが3組,男女混合ペアが9組)。14組は知人同士で、16組は初対面でした。

2人は背中合わせでコンピュータモニターの前に着席し、スクリーン画面に視線を維持し、言語的にも非言語的にもコミュニケーションをしないように実験者から教示されました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

恋人がいる大学生は授業を欠席することが多い

恋人がいる大学生は授業を欠席することが多いが、恋愛パートナーの有無は学業成績に影響しないという研究があります。

Schmidt, J., & Lockwood, B. (2017). Love and Other Grades: A Study of the Effects of Romantic Relationship Status on the Academic Performance of University Students. Journal of College Student Retention: Research, Theory & Practice, 19(1), 81–97. DOI:10.1177/1521025115611614.

アメリカ、ニュージャージー州のモンマス大学人文社会科学研究科刑事司法研究室の研究者による共著論文です。なお、第一著者は現在モンマス郡検察庁職員で、ラストオーサーがモンマス大学刑事司法研究室の准教授です。

恋愛関係が学業に与える影響を調べた研究は少なく、そのほとんどが青年期の生徒を対象としたものです。そこで、今回取り上げる研究では、大学生を対象とし、恋人の有無で学業成績、GPA(Grade Point Average)や授業への出席を予測できるかどうか検証しました。

方法は、アメリカ合衆国北東部の中規模私立大学の学生300人以上をサンプルとしたデータセットを解析しました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする