2017年07月23日

セロトニン濃度が高いと友達との幸福共有効果が低い


セロトニン濃度が高いほど、友達との幸福共有効果が低いという研究があります。具体的には、唾液中セロトニン濃度が高いほど、自分も友達も目標を達成しても幸せはそんなに高くないと思うのです。また、唾液中セロトニン濃度が高いほど、共感の内の視点取得が低いという結果も得られました。

Matsunaga, M., Ishii, K., Ohtsubo, Y., Noguchi, Y., Ochi, M., & Yamasue, H. (2017). Association between salivary serotonin and the social sharing of happiness. PLoS ONE, 12(7): e0180391. doi:10.1371/journal.pone.0180391.

愛知医科大学医学部衛生学講座の松永昌宏講師、神戸大学大学院人文学研究科・文学部文化心理学研究室の石井敬子准教授、同大学同研究室の越智美早修士課程(OB)、同大学進化社会心理学研究室の大坪庸介准教授、同大学社会動態専攻の野口泰基准教授、浜松医科大学医学部精神医学講座の山末英典教授による論文です。

参加者は、セロトニン系に作用する向精神薬を服用していない神戸大学の大学生213名(平均年齢19.26歳,範囲18〜25歳)。男子学生100名、女子大生112名、性別不明1名。ただし、気分が悪くなったり、質問紙への回答が不完全だったりなどの理由で全員のデータを解析したわけではありません(質問紙への回答が不十分な場合は残りの回答をデータ解析に使った場合もあり)。女性の平均年齢は19.036歳、男性の平均年齢は19.500歳と、男性の方が有意に年齢が高くなりました。女性のBMIの平均値は20.252、男性のBMIの平均値は20.948と、男性の方が有意に高くなりました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感情心理学・情動心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

マインドワンダリングと将来の身体活動量の関係は感情状態によって異なる


マインドワンダリングと将来の中等度以上身体活動量が関係するという研究があります。しかし、感情状態によって関係が異なるようです。具体的には、ポジティブ感情が高いと、マインドワンダリングで次の1時間の中等度以上身体活動量が多くなり、ネガティブ感情が高いと、マインドワンダリングで次の1時間の中等度以上身体活動量が少なくなるようです。

マインドワンダリングとは、現在取り組んでいるはずのこととは無関係なことを考えることです。たとえば、本を読んでいる時にいつの間にか明日の予定のことを考えているといった状態がマインドワンダリングに該当します。

Fanning, J., Mackenzie, M., Roberts, S., Crato, I., Ehlers, D., & McAuley, E. (2016). Physical Activity, Mind Wandering, Affect, and Sleep: An Ecological Momentary Assessment. JMIR mHealth & uHealth, 4(3):e104. DOI: 10.2196/mhealth.5855.

アメリカのイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校キネシオロジー&公衆衛生研究室運動心理学ラボ、デラウェア大学(ニューアーク)行動衛生学&栄養学研究室心身体行動ラボの研究者らによる論文です。

最終的にデータ解析に用いたのは33人の大学生サンプル。平均年齢20.5歳(SD = 1.5)、女性27人、男性9人(これだと合計36人になりますが、3人は回答率が25%未満と少なかったため、データ解析から除外)。アフリカ系米国人3人、アジア人11人、ネイティブアメリカン2人、白人18人、不明/その他2人。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感情心理学・情動心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

心理的ストレスを感じるのに生理的ストレス反応は不要


ストレスホルモンともいわれるコルチゾール濃度が増加したり、心臓がドキドキしたりしなくても、心理的ストレスを感じるという研究があります。つまり、心理的ストレスを感じるのに生理的ストレス反応は不要というわけです。

Ali, N., Nitschke, J. P., Cooperman, C., & Pruessner, J. C. (2017). Suppressing the endocrine and autonomic stress systems does not impact the emotional stress experience after psychosocial stress. Psychoneuroendocrinology, 78, 125-130. doi:10.1016/j.psyneuen.2017.01.015.

カナダ(ケベック州)のマギル大学心理学教室、同大学医学部マギル加齢研究センター、同大学医学部精神医学科ダグラス病院研究センター、ドイツのコンスタンツ大学心理学教室の研究者による論文です。

急性的な心理社会的ストレッサーは生理的ストレス応答系を活性化させ、主観的ストレスも増加させます。では、生理的ストレス応答系の反応を引き起こさないようにしても、ストレッサーで主観的ストレスは高まるのでしょうか?本研究では、薬物で自律神経系や内分泌系のストレス応答を抑制することが、心理社会的ストレッサーによる情動ストレスの増加に与える影響を検証することを目的としました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感情心理学・情動心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする