2015年12月29日

苦いものが好きな人はサディズムやサイコパシーが高い

苦い味が好きな人はサディスティックでサイコパシー傾向が高いという研究が発表されました。

Sagioglou, C., & Greitemeyer, T. (2016). Individual differences in bitter taste preferences are associated with antisocial personality traits. Appetite, 96, 299-308. doi:10.1016/j.appet.2015.09.031.

オーストリアのインスブルック大学心理学科の研究者2名による共著論文です。

本研究の目的は苦味の選好が反社会的な性格特性と関連するかを調査することでした。

調査は2つ実施し、全部でサンプル数がN = 953となりました(平均年齢35.65歳,女性48%)。

研究参加者には味の好みについて自己報告を求め、性格質問紙にも回答してもらいました。ここで評定した性格特性とはマキャベリズム(権謀術数主義)、サイコパシー(精神病質)、ナルシシズム(自己愛傾向)、everyday sadism(日常的サディズム)、攻撃特性及び性格の5因子(ビッグファイブ)でした。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダークトライアド(Dark Triad) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

ダークトライアドと嘘の上手さや虚偽検出には何の関係もない

ダークトライアド(Dark Triad)と嘘をつく上手さや嘘発見能力には何の関係もないという論文がオープンアクセス誌『プラスワン(プロスワン)』に発表されました。なお、ダークトライアドとはマキャベリズム、自己愛、サイコパシーの3つの性格特性のことです。

Wright, G. R. T., Berry, C. J., Catmur, C., & Bird. G. (2015). Good Liars Are Neither ‘Dark’ Nor Self-Deceptive. PLoS ONE, 10(6): e0127315. doi:10.1371/journal.pone.0127315.

イギリスのロンドン大学バークベック校心理学部、プリマス大学心理学研究室、サリー大学心理学部、認知神経科学研究所、精神医学研究所イギリス医学研究協議会社会遺伝発達精神医学センターの研究者らによる論文です。

研究参加者は75人(男性28人,平均年齢27歳)。

実験開始前に以下の質問紙に回答。
・マキャベリズム尺度:MACH-IV
・ナルシシスト尺度:自己愛人格傾向尺度短縮版(Narcissistic Personality Inventory Short-Form:NPI-16)
・サイコパシー尺度:自己報告サイコパシー質問紙短縮版(Self-Report Psychopathy Questionnaire:SRP-SF)
・自己欺瞞尺度:バランス型社会的望ましさ反応尺度(Balanced Inventory of Desirable Responding:BIDR)の下位尺度、自己欺瞞尺度(Self-Deception Scale:SDS)
・嘘の受容度を測る尺度:嘘受容性尺度(Lie Acceptability Scale:LAS)続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダークトライアド(Dark Triad) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする