2014年09月12日

信仰心が強い人はお酒で攻撃性が増す

信仰心の強い信者はアルコールで攻撃的になるという研究をご紹介しましょう。

Duke, A. A., & Giancola, P. R. (2013). Alcohol Reverses Religion's Prosocial Influence on Aggression. Journal for the Scientific Study of Religion, 52(2), 279-292. DOI:10.1111/jssr.12029.

アメリカのケンタッキー大学心理学部の研究者達の論文です。

コミュニティの男性251人と女性269人が参加しました。彼らは無作為にアルコールで酔っぱらうお酒条件と偽薬(プラセボ)条件に割り当てられました。

まず、研究参加者に信仰心(religiosity)と霊性(spirituality)に関する質問紙に回答してもらいました。次に競合的課題を装って、対戦相手に電気ショックを与えたり、受けたりする攻撃性実験を実施しました。実はこの対戦相手は仮想のものでしたが、被験者には知らされませんでした。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神薬理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする