2016年12月31日

痛みの後は甘い食物を食べる量が増加する

身体的痛みを感じた後に、甘い食べ物を食べる量が多くなるという研究があります。ダイエットするならできるだけ痛みを感じない生活が望まれます。

Darbor, K. E., Lench, H. C., Carter-Sowell, A. R.(2016). Do People Eat the Pain Away? The Effects of Acute Physical Pain on Subsequent Consumption of Sweet-Tasting Food. PLoS ONE, 11(11): e0166931. doi:10.1371/journal.pone.0166931.

アメリカのテキサスA&M大学カレッジステーション校心理学研究科の研究者3名による共著論文です。

〇実験1

循環障害発症の経歴がなく、チーズケーキが嫌いでない大学生70人が参加(平均年齢18.61歳,女性65%)。

痛みの誘発は寒冷昇圧課題(Cold Pressor Task,CPT)で実施。寒冷昇圧課題とは、冷たい(氷)水に手を浸す実験のことです。寒冷昇圧課題/寒冷昇圧試験について、他の研究が知りたい方は私が管理している別のブログ『緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー』の記事「寒冷昇圧試験で視線を向けられている感覚が強まる」を参考にしてください。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痛み(痛覚・疼痛)心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする