2017年11月05日

Q&Aサイトでのネガティブな告白は罪悪感から解放されるため


Q&Aサイトでのネガティブな事柄に関する自己開示は罪悪感から解放されるためだという研究があります。ただし、このことを直接立証したのではなく、あくまでも間接的なエビデンスが得られたというレベルの話です。

具体的には、罪悪感を弱める回答がベストアンサーに選ばれたり、他のユーザーから罪悪感を低下させるような回答を受けると、罪滅ぼしとなる向社会的行動(他者の質問への回答)が低下するという結果が得られました。後者は、罪悪感を低下させるような回答を受けて罪悪感が下がると、罪滅ぼしをする必要性が薄れ、向社会的行動が低下するというメカニズムが想定されました。

Levontin, L., & Yom-Tov, E. (2017). Negative Self-Disclosure on the Web: The Role of Guilt Relief. Frontiers in Psychology: Personality & Social Psychology, 8:1068. doi: 10.3389/fpsyg.2017.01068.

イスラエル・ハイファ地区のイスラエル工科大学産業工学マネジメント研究室、イスラエル・ヘルツリーヤのイスラエルマイクロソフト研究開発センター(R&D Center)の研究者による論文です。

データセットの準備:Q&Aサイト、Yahoo!知恵袋の英語版であるYahoo Answersで罪悪感を意味する“guilt”や “guilty”が入った質問を検索し、984個の質問を抽出。「CrowdFlower」というクラウドソーシングサービスの協力者5名による判定で、個人的な罪悪感とは関係のない質問を除外。個人的罪悪感かどうかの判定結果が4人以上の協力者で一致した質問は79%。最終的に個人的罪悪感に関する質問が437個残りました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット心理学(SNS等を含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

ネット検索の訓練後に検索エンジンへの依存が強まる


インターネットでの検索訓練を6日間行った後に、新たな難問に直面した時にネット検索をしたいという衝動性が高まったという研究があります。また、ネット検索訓練後は新たな難問が出題された時に脳の衝動性制御に関わる部位の活動が増加したという結果も得られました。

Wang, Y., Wu, L., Luo, L., Zhang, Y., & Dong, G. (2017). Short-term Internet search using makes people rely on search engines when facing unknown issues. PLoS ONE, 12(4): e0176325. doi:10.1371/journal.pone.0176325.

中国金華市の浙江師範大学心理学脳科学研究所心理学研究室、北京師範大学認知神経科学&学習科学国家重点実験室(State Key Laboratory of Cognitive Neuroscience and Learning)・IDG/マクガバン脳研究所(IDG/McGovern Institute for Brain Research)、ドイツのコンスタンツ大学心理学研究室の研究者による論文です。

データ解析したのは、ネット検索を定期的に利用している31人の大学生から収集したデータ。女子大生が14人、男子大学生が17人、平均年齢20.5 ±1.1歳。
*ネット検索を定期的に利用しているかどうかはインターネット検索依存質問紙(Questionnaire on Internet Search Dependence,QISD)で調査。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット心理学(SNS等を含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

Twitterで情報過多だと友達ではなく、見るツイートを減らす

日本のTwitterユーザーは情報過多を感じていても、友達を増やし続けているという研究があります。また、Twitterで情報過多を感じている人は受け取ったツイートの全てを見ないようにしているそうです。

Sasaki, Y., Kawai, D., & Kitamura, S. (2016). Unfriend or ignore tweets?: A time series analysis on Japanese Twitter users suffering from information overload. Computers in Human Behavior, 64, 914-922. doi:10.1016/j.chb.2016.07.059.

東京経済大学コミュニケーション学部の佐々木裕一准教授と北村智准教授、東京大学大学院情報学環・学際情報学府の河井大介助教による共著論文です。

本研究の目的は、日本人のTwitterユーザーが情報過多ストレスにどのように対処しているかを調査することとしました。

方法はTwitterのAPIsで収集した客観的データ(例:友達の数など)とウェブ調査で収集した主観的データ(例:情報過多知覚・ツイート処理方法)の解析によりました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット心理学(SNS等を含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする