2017年07月31日

ポケモンGOは場所への愛着を高める

ポケモンGO(Pokémon Go)には場所への愛着を高める可能性があるという研究があります。

Oleksy, T., & Wnuk, A. (2017). Catch them all and increase your place attachment! The role of location-based augmented reality games in changing people - place relations. Computers in Human Behavior, 76, 3-8. doi:10.1016/j.chb.2017.06.008.

ポーランドのワルシャワ大学心理学部の研究者2名による共著論文です。

拡張現実(Augmented Reality,AR)を使ったゲームが、遊んだ場所への愛着に影響するかどうか調べることを目的とした研究です。位置情報を用いた拡張現実のゲームには探検、社会的関係、楽しみ経験という、場所への愛着を予測する要素が含まれていることがあるので、拡張現実ゲームで場所への愛着が増すのではないか?という仮説を立て、ポケモンGOで検証したというわけです。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | バーチャルリアリティ・ゲーム心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

ポケモンGOをする動機には7種類ある

ポケモンGO(Pokémon Go)をする動機を測定する質問紙が開発されました。今後の活用が期待されます。

Yang, C. C., & Liu, D. (2017). Motives matter: motives for playing Pokémon Go and implications for well-being. Cyberpsychology, Behavior, & Social Networking, 20(1), 52-57. doi:10.1089/cyber.2016.0562.

アメリカ合衆国テネシー州のメンフィス大学カウンセリング教育心理学研究学部と北京市にある中国人民大学心理学部インターネット社会心理学センターの研究者2名による共著論文です。

78人の参加者(女性53%,平均年齢29.75歳,標準偏差8.90)にポケモンGOをする理由を1人につき最大で5つ挙げてもらった予備研究に基づき、ポケモンGO動機尺度(Pokémon Go Motive Scale,PGMS)を開発しました。5段階のリッカート尺度で質問項目は44個でした。

次の本格的な調査の協力者は、262人の米国在住の成人のポケモンGOプレイヤー。女性が45%、平均年齢は30.71歳(標準偏差7.77,範囲18〜58歳)。参加者の募集にはAmazon TurkPrimeを使用。Amazon TurkPrimeとは、Amazon Mechanical Turk(Mturk)を使用してクラウドソーシング研究ができる研究プラットフォームのことです。MTurkは研究ツールとして開発されたものではないため、研究の際に不便なことが起こることがあったのですが、TurkPrimeは研究のために開発されたので、利便性が向上しています。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | バーチャルリアリティ・ゲーム心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする