2017年05月08日

課題が難しい時、自己制御欲求は逆効果

課題が難しい(要求水準が高い)場合、自己制御(自己調整)欲求は逆効果になるという研究があります。

Uziel, L., & Baumeister, R. F. (2017). The Self-Control Irony: Desire for Self-Control Limits Exertion of Self-Control in Demanding Settings. Personality & Social Psychology Bulletin, 43(5), 693-705. DOI: 10.1177/0146167217695555.

イスラエルのバル=イラン大学社会科学部心理学教室、オーストラリアのクイーンズランド大学心理学研究科兼アメリカのフロリダ州立大学心理学部の研究者2名による共著論文です。

自己制御は適応的な能力だとして、その力をつけることが推奨されています。しかし、自己制御力をつけたいという欲求の影響についてはほとんど分かっていません。そこで、本研究では自己制御欲求が自己制御能力に与える影響を調べることを目的としました。

全部で4つの研究(N = 635)を行いました。

研究1(Study 1)では、自己制御欲求が高いと、要求水準が高い課題の成績が低くなりましたが、単純な課題の成績は低くなりませんでした。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知心理学、認知神経科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

人は認知バイアスを示すロボットを好む

人は認知バイアスを示すロボットと交流することを選好するという研究があります。

Biswas, M., & Murray, J. (2017). The effects of cognitive biases and imperfectness in long-term robot-human interactions: case studies using five cognitive biases on three robots. Cognitive Systems Research, 43, 266–290. doi:10.1016/j.cogsys.2016.07.007.

イギリスのリンカーン大学コンピュータサイエンス学部の研究者2名による共著論文です。

研究の目的は、ロボットに導入した人間のような認知バイアスが人とロボットの交わりに与える影響を、長期的視点で調査することとしました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知心理学、認知神経科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

生身の人間とのアイコンタクトで一人称代名詞の使用が増加する


生身の人間とのアイコンタクトで一人称代名詞の使用が増加し、相手がビデオ映像の場合には増加しないという研究があります。

Hietanen, J. O., & Hietanen, J. K.(2017).Genuine eye contact elicits self-referential processing. Consciousness & Cognition, 51, 100–115. doi:10.1016/j.concog.2017.01.019.

フィンランドのタンペレ大学社会科学/心理学部人間情報処理研究室の研究者2名による共著論文です。

本研究の目的は、アイコンタクトが自覚(self-awareness)に与える影響を潜在指標で調べることとしました。潜在指標として、文での一人称単数代名詞の使用を用いました。一人称単数代名詞とは「私」や「俺」等のことです。したがって、一人称単数代名詞の使用を見れば、自己参照処理、自覚関連処理を測ることができるというわけです。しかも、一人称単数代名詞は意識して用いるわけではないので、潜在指標となります。

研究参加者には顕在的自覚を測る質問紙にも回答してもらいました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知心理学、認知神経科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする