2018年06月11日

協力と認知は共進化可能

協力と認知は共進化できるという研究があります。つまり、協力と認知(機能)はともに高めあう関係になり得るのです。

dos Santos, M., & West, S. A. (2018). The coevolution of cooperation and cognition in humans. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences, 285:20180723. DOI: 10.1098/rspb.2018.0723.

イギリスのオックスフォード大学動物学研究科の研究者2名による論文です。

古代の狩猟採集民族の協力行動は、親族で共有される協力で得られるものから成立していました。しかし、互いに血のつながりのない個体からなる大きな集団に移行した初期人類移行、協力がどのように保持されているのか不明です。

そこで、親族への利益から協力が進化した後に、認知が進化し、協力からのリターンが増えるとの仮説をたてました。認知発達の程度は、集団が大きくなり、血のつながりが低下している時に、自己への利益が協力を安定にさせるぐらいと仮定しました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 04:35 | Comment(0) | 認知心理学、認知神経科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

顔が大学の成績を予測する

顔が大学の成績を予測する、という研究があります。もっと細かいことを書くと、顔の横幅と高さの比率が高いほど経済学商学部の学生で数学が少ない科目の成績が高いという結果が得られました。数学を使う科目では顔で成績の予測ができませんでした。

Kausel, E. E., Ventura, S.,“Pacha”Vargas, M., Díaz, D., & Vicencio, F.(2018). Does facial structure predict academic performance? Personality & Individual Differences, 129, 1-5. doi:10.1016/j.paid.2018.02.041.

チリのチリ・カトリック大学経営学部、チリ大学経済ビジネス学部、アメリカのデータホイール有限責任会社の研究者による論文です。

データはチリの大学の経済学商学部の学位課程を修了した元大学生231人分(女性101人,男性130人,入学時の平均年齢は18.52歳,SD = .55)。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 01:57 | Comment(0) | 認知心理学、認知神経科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

ラーメンの想起は実験協力意図を低下させる

プリンを想起するよりもラーメンを想起する方が空腹感が高まりやすい、プリンの想起では実験協力意図が低下するとはいえないが、ラーメンを想起すると実験協力意図が低下する、という研究があります。

Okamura, Y. (2017). Mere Recollection of Food Reduces Altruistic Behavior. Polish Psychological Bulletin, 48(2), 250-254. DOI:10.1515/ppb-2017-0028.

大阪府の追手門学院大学大学院心理学研究科の岡村靖人氏による単著論文です。

実験1の目的は、食べ物の想起で空腹感が高まるか?食べ物の種類によって空腹感への影響が異なるかどうか?を調べることとしました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 17:16 | Comment(0) | 認知心理学、認知神経科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする