2017年05月15日

透明人間の錯覚でパーソナルスペースが狭くなる

自分は透明人間だと錯覚すると、パーソナルスペースが狭くなるという研究があります。つまり、自分は透明人間だと思うと、近くに他者が接近するのをより許容するようになるということです。

D’Angelo, M., di Pellegrino, G., & Frassinetti, F. (2017). Invisible body illusion modulates interpersonal space. Scientific Reports, 7:1302. doi:10.1038/s41598-017-01441-9.

イタリアのボローニャ大学心理学研究室、同大学認知神経科学研究センター(Centre for studies and research in Cognitive Neuroscience,CsrNC)、マントヴァ県カステル・ゴッフレード(コムーネ)のマウゲーリ臨床科学研究所カラッテレ科学的救護・治療協会(Istituto di Ricovero e Cura a Carattere Scientifico,IRCCS)病院、イギリスのバンガー大学心理学部の研究者による論文です。

〇実験1

実験参加者は平均年齢が22.63歳の24人の女性(年齢の範囲は20〜26歳)。

実験中、参加者はヘッドマウントディスプレイ(Head Mounted Displays,HMDs)を装着。三脚を用意し、参加者の頭部と同じ高さにHDウェブカムを設置、パソコンを通してHMDsと同期接続させました。これにより、参加者はHMDsを通してHDウェブカムが撮った映像をリアルタイムで見ることになりました。

透明人間錯覚は、参加者が自身の身体を見ることができるはずの空間にHMDsを通して、「空白」の映像を流し、その空白空間を絵筆でナデナデするのを、参加者の実際の身体の対応部位のナデナデと同期させることで引き起こす方法を用いました。なお、透明人間錯覚の誘導手続きの詳細は、私の別のブログ『緘黙ブログー不安の心理学、脳科学的知見からー』の「透明人間の錯覚で人前に立ってもストレスを感じにくくなる」を確認してください。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 身体心理学(身体錯覚を含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

オキシトシン濃度が高い人はラバーハンド錯覚で身体所有感を感じやすい


唾液中オキシトシン濃度が高い人はラバーハンド錯覚で身体所有感を感じやすいという研究があります。ただし、ラバーハンド錯覚の前後でオキシトシン濃度の変化は検出されませんでした。代わりに自閉症特性が強いと身体所有感を感じにくい結果となりました。特に、自閉症特性の内、ソーシャルスキルやコミュニケーション上の困難が強い人は、ラバーハンド錯覚で身体所有感を感じにくくなりました。コミュニケーション困難が高い人は、オキシトシン濃度が低い結果となりました。

なお、ラバーハンド錯覚とは何ぞや?という方は「ラバーハンドとブラシの間に磁力を感じる錯覚」という記事で解説していますので、参考にしてください(ラバーハンド錯覚の動画も掲載しています)。

Ide, M. & Wada, M. (2017). Salivary Oxytocin Concentration Associates with the Subjective Feeling of Body Ownership during the Rubber Hand Illusion. Frontiers in Human Neuroscience, 11:166. doi: 10.3389/fnhum.2017.00166.

埼玉県所沢市の国立障害者リハビリテーションセンター研究所脳機能系障害研究部発達障害研究室の井手正和日本学術振興会特別研究員PD、同研究所研究室の和田真室長の2名の研究者による共著論文です。

最終的にデータ解析したのは15人(女性7人、男性8人,平均年齢21.7歳 ± 0.48 SEM)。

エジンバラ質問紙(Edinburgh Inventory,EI)によって利き手を得点化し、側性係数(Laterality Quotient,LQ)を算出。両手利きが1人いましたが、残りの14人は右利きでした。

自閉症スペクトラム指数(Autism spectrum Quotient,AQ)日本語版で自閉症特性を評価。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 身体心理学(身体錯覚を含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

体外離脱で死の恐怖を低下させることが可能

実験的に引き起こした体外離脱で死の恐怖を低下させることが可能という研究があります。

Bourdin, P., Barberia, I., Oliva, R., & Slater, M. (2017). A Virtual Out-of-Body Experience Reduces Fear of Death. PLoS ONE, 12(1): e0169343. doi:10.1371/journal.pone.0169343.

スペインのバルセロナ大学臨床心理学精神生物学研究科イベントラボ(EVENT Lab;Experimental Virtual Environments lab)、同大学認知発達教育心理学研究科の研究者らによる論文です。

実験参加者は成人女性で最終的にデータ解析された人数は32人。椅子に座って、脚をテーブルの上に投げ出している姿勢でした。

バーチャルリアリティ環境はUnity3Dというゲームエンジンで設定。家具が置かれているバーチャル部屋をヘッドマウントディスプレイ(HMD)を通して参加者に見せました。頭部の動きはHMDのヘッドトラッキングで追跡。モーションキャプチャで手と足の動きも追跡。ワンドというボタン付きのテレビのリモコンのようなものを参加者の右手に持たせました(バーチャルリアリティでの身体もワンドを持っています)。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 身体心理学(身体錯覚を含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする