2018年06月25日

交流バイアスは協力を高め、忘却による協力率の低下を弱める


我々はあらゆる人と平等に交流しているわけではありません。ある特定の相手との交流が多かったり少なかったりします。今回は、そのような交流バイアスが協力を高め、記憶違いによる協力率の低下も緩和するという研究です。

Stevens, J. R., Woike, J. K., Schooler, L. J., Lindner, S., & Pachur, T. (2018). Social contact patterns can buffer costs of forgetting in the evolution of cooperation. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences, 285:20180407. DOI: 10.1098/rspb.2018.0407.

アメリカのネブラスカ大学リンカーン校心理学科脳生物学行動センター、シラキュース大学心理学科、ドイツのマックス・プランク研究所人間発達部門適応行動認知センター、同研究所適応的合理性センター、同研究所適応的行動認知センター、ドイツ経済研究所(Deutsches Institut für Wirtschaftsforschung)、ベルリン工科大学心理学人間工学研究科の研究者による論文です。

協力の進化の解析では2つの単純化した仮定に依拠していることが多いです。

つまり、1.他の社会的ネットワークメンバーと交流する頻度は相手によって違わない2.各々のパートナーの協力/裏切りという過去の行動を正確に覚えている/思い出せる、という2つの仮定は現実的ではありません。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 01:50 | Comment(0) | 社会心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

非倫理的行動は2人の社会的絆を強める手段となる


1人だけよりも、互いに社会的絆を共有していない2者による共同意思決定の方が倫理性が低い、という研究があります。論文によれば、2者での共同的な倫理違反が、相手と社会的絆を形成する手段になっているとのこと。「赤信号みんなで渡れば怖くない」といわれますが、そもそもなぜみんなで赤信号を渡る必要があるのか?その背景には、みんなとの社会的絆を形成、強化したいという願いがあるのかもしれません。

Nikolova, H., Lamberton, C., & Coleman, N. V. (2018). Stranger Danger: When and Why Consumer Dyads Behave Less Ethically Than Individuals. Journal of Consumer Research, 45(1), 90–108. doi:10.1093/jcr/ucx108.

アメリカのボストンカレッジキャロル経営大学院、ピッツバーグ大学ジョセフ M. カッツ経営大学院の研究者による論文です。

市場や職場、スポーツチーム、アカデミアでの共犯は割とあることですが、ほとんど研究されていません。そこで本研究の目的は、2人での倫理的意思決定と個人での倫理的意思決定を比較することとしました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 01:52 | Comment(0) | 社会心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

予想通りの表情だと好感度や信頼性が高まる

予想通りの表情だと好感度や信頼性が高まる、という研究があります。

Chanes, L., Wormwood, J. B., Betz, N., & Barrett, L. F. (2018). Facial expression predictions as drivers of social perception. Journal of Personality & Social Psychology, 114(3), 380-396. doi: 10.1037/pspa0000108.

アメリカのノースイースタン大学心理学研究室の研究者による論文です。

神経科学の知見によれば、脳は過去経験に基づき感覚インプットを絶えず予測しています。この見方によれば、予測シグナルは知覚に影響し、経験を導き、制約します。本研究では6つの行動実験を通して、表情の予想が社会的知覚を駆動させ、他者の評価に影響することを示しました。

つまり、意識的な感情の変化がなくても、表情が予想された通りだった場合、その表情の主の好感度や信頼性が高く判断されました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 15:31 | Comment(0) | 社会心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする