2017年11月12日

見つめられると笑顔になる

他者から見つめられると、たとえ自分がその人に視線を向けていなくても、笑顔を作る頬骨筋の活動が高まる、という研究があります。

Hietanen, J. K., Helminen, T. M., Kiilavuori, H., Kylliäinen, A., Lehtonen, H., & Peltola, M. J. (2018). Your attention makes me smile: Direct gaze elicits affiliative facial expressions. Biological Psychology, 132, 1–8. doi:10.1016/j.biopsycho.2017.11.001.

フィンランドのタンペレ大学社会科学/心理学部人間情報処理研究室の研究者による論文です。

直視された時の感情反応がポジティブなのかネガティブなのか調べることを目的とした実験を実施。そのために、顔面筋の反応と皮膚コンダクタンス反応を計測。顔面筋の計測にEMG(筋電図)を使用。

その結果、刺激の顔が逸視よりも直視で、頬骨筋の反応が高くなりました。これは、参加者自身の視線が刺激顔に向けられている時でも、直接刺激顔を見ていない時でも生じました。頬骨筋とは、笑顔を作る時に働く顔面筋肉のことで、これが活発だということは、(潜在的)ポジティブ感情を喚起していることを示唆します。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 12:25 | Comment(0) | 社会心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

他者をサポートすると自己制御が難しくなる

相手へのソーシャルサポートの提供で自己制御(自己調整)が低下するという研究があります。

Gosnell, C. L., & Gable, S. L. (2017). You deplete me: Impacts of providing positive and negative event support on self-control. Personal Relationships, 24(3), 598-622. DOI:10.1111/pere.12200.

アメリカニューヨーク州のペース大学心理学研究室とカリフォルニア大学サンタバーバラ校心理学脳科学研究所の研究者2名による共著論文です。

ソーシャルサポート提供が自己制御に与える影響を調べることを目的とした研究です。研究結果は以下の通りでした。

日頃のサポート提供でその有効性についての関心が高かった人、情動制御が高かった人は、行動上も主観的にも自己制御資源が消耗しました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 02:00 | Comment(0) | 社会心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

質問すると会話相手から好かれやすくなる

質問、特に最初の質問の回答に対してさらなる質問をすると、会話相手に好かれやすくなるという研究があります。ただ、人は質問が自分の好感度を高める効果に無自覚なようです。

Huang, K., Yeomans, M., Brooks, A. W., Minson, J., & Gino, F. (2017). It Doesn’t Hurt to Ask: Question-Asking Increases Liking. Journal of Personality & Social Psychology, 113(3), 430-452. doi:10.1037/pspi0000097.

アメリカのハーバードビジネススクール、ハーバード大学定量的社会科学研究所、ハーバード・ケネディスクールの研究者による論文です。

会話は、数多くの文脈、人間関係、コミュニケーション様式において、個人内目標・対人的目標の達成を追求するのに必要な基本的なことです。そこで、本研究では、会話行動の内の質問の役割について調べました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 13:47 | Comment(0) | 社会心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする