2017年07月17日

ハッザ族は夜でも誰かが起きていることが多い

タンザニアの狩猟採集民、ハッザ族は夜に全員寝ることは稀で、誰かが覚醒していることが大半という研究があります。

Samson, D. R., Crittenden, A. N., Mabulla, I. A., Mabulla, A. Z. P., & Nunn, C. L. (2017). Chronotype variation drives night-time sentinel-like behaviour in hunter–gatherers. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences, 284:20170967. DOI: 10.1098/rspb.2017.0967.

カナダのトロント大学人類学研究室、アメリカのデューク大学進化人類学研究室、同大学デューク世界衛生研究所(Duke Global Health Institute)、ネバダ大学ラスベガス校人類学研究室、タンザニアのダルエスサラーム大学資源評価研究所(Institute of Resource Assessment)、同大学人類学遺産学研究室の研究者による論文です。

狩猟採集民族、ハッザ族(Hadza族)の夜の活動パターンを、身体活動や睡眠-覚醒リズムを測ることのできる加速度センサー、アクティグラフィー(アクチグラフィー)で計測した研究です。

その結果、20日間の観察期間中、全員が眠っていた時間は18分だけで、夜通し起きていたハッザ族の人数の中央値は8人でした。つまり、初めの人が眠りについてから最後の人が起床するまでの時間の99.8%は誰かが起きていたか、ウトウトするぐらいだったのです。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 15:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

人は寝不足の人と交際したくない

人は顔を見ただけで、他者が眠たいかどうかある程度分かり、寝不足の人は交際相手として好ましく評価されないという研究があります。なお、ここでいう交際とは恋人との交際だけを意味するのではなく、もっと広く人付き合い一般という意味です。また、睡眠不足だと魅力が低くなり、健康的だとは感じられなくなります。

Sundelin, T., Lekander, M., Sorjonen, K., & Axelsson, J. (2017). Negative effects of restricted sleep on facial appearance and social appeal. Royal Society Open Science, 4(5):160918. DOI: 10.1098/rsos.160918.

スウェーデンのカロリンスカ研究所臨床神経科学講座、ストックホルム大学心理学研究室、ストックホルム大学ストレス研究所の研究者による論文です。

写真の被写体は25人の健康な人達(女性14名,平均年齢23.9歳,SD = 5.9)。通常、彼らは1晩に7〜9時間の睡眠時間が必要でした。

被写体がラボに来たのは次の2回で、両者に1週間以上の間隔を設けました。
・通常睡眠:夜の8時間睡眠を2日間連続した後にラボに行く。就寝時刻は午後10時〜午後12時(午前零時)、起床時刻は午前6時〜午前8時の間にするよう教示
・睡眠剥奪(睡眠制限):4時間睡眠を2日間連続した後にラボに行く。就寝時刻は午後12時〜午前2時、起床時刻は午前4時〜午前6時の間にするよう教示続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 01:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

景色との連合を学習したにおいで睡眠時の夢の内容を変えられる

近年、「睡眠中に匂いと音を学習」などのように睡眠中ににおいを嗅がせる実験が流行っている印象を受けます。今回の研究もにおいと睡眠に関するものです。しかし、本研究は視覚刺激と連合したにおいで夢の内容が変わる可能性を示唆した初めての論文になります。

Schredl, M., Hoffmann, L., Sommer, J. U., & Stuck, B. A. (2014). Olfactory Stimulation During Sleep Can Reactivate Odor-Associated Images. Chemosensory Perception, 7(3-4), 140-146. DOI:10.1007/s12078-014-9173-4.

ドイツのハイデルベルク大学マンハイム医学部精神衛生中央研究所睡眠ラボ、ベルリンの精神衛生中央研究所(Zentralinstitut für Seelische Gesundheit)、マンハイム大学病院頭頸部外科耳鼻咽喉学部の研究者達による論文です。

16人の健康な人が被験者。田舎の景色や都会の景色と腐った卵のような臭い(硫化水素の臭い)やバラの匂い(フェニルエチルアルコールの匂い)の連合学習を夜に実施しました。その後、REM睡眠中ににおい刺激(中性刺激か硫化水素かフェニルエチルアルコール)を与えました。実験参加者はにおい刺激を呈示した1分後に起こされ、見ていた夢の内容を報告しました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする