2015年02月22日

心の理論が発達している幼児は独裁者ゲームで他の子供との共有が少ない

心の理論が発達している幼児は独裁者ゲームで他の子供にものをあげる量が少ないという研究が科学雑誌『プラスワン』に掲載されました。

Cowell, J. M., Samek, A., List, J., & Decety, J. (2015). The Curious Relation between Theory of Mind and Sharing in Preschool Age Children. PLoS ONE, 10(2): e0117947. doi:10.1371/journal.pone.0117947.

アメリカのイリノイ州にあるシカゴ大学心理学部&経済学部、ウィスコンシン大学マディソン校消費者科学部の研究者らによる論文です。

3〜5歳児98人(女児が53人)が参加。平均年齢は51.7か月齢(SD=6.49)、彼ら就学前児童はシカゴに住む子供達で、社会経済的地位(socioeconomic status:SES)が低い家庭が多く、白人が13.6%、アフリカ系アメリカ人が50.5%、ヒスパニック系が35.8%と人種的に多様な実験参加者となりました。

心の理論課題として誤信念課題を使用。これは以下の論文(Wimmer & Perner, 1983)の誤信念課題。具体的な実験手続きは以下の通り。子供の性別に応じてサリーかスティーブンかどちらかのパペット人形を使用。彼/彼女がボールを隠して、部屋を去り他のパペット人形(アン/アダム)が他の場所にボールを移し、サリー/スティーブンが帰ってきて、彼/彼女はどこを探すか?という問題。アン/アダムがボールを移動させる前の場所を回答したら正解。

Wimmer, H., & Perner, J. (1983). Beliefs about beliefs: Representation and constraining function of wrong beliefs in young children’s understanding of deception. Cognition, 13(1), 103–128. doi:10.1016/0010-0277(83)90004-5.

シャアリング(共有行動)の行動評価のために独裁者ゲームを使用。子供に6つのスティッカーをあげて、好みかどうかを質問。好みでなかったら別のものに変更。それからスティッカーを貰う機会のない子供にスティッカーをあげてもいいよと教示。他の子供にあげたスティッカーの枚数がシャアリングの指標。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発達心理学・発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

知的障害児・自閉症スペクトラム障害児の母親は死亡リスクが高い

障害児がいない母親と比較して、知的障害や自閉症スペクトラム障害(自閉症スペクトラム症)の子供の母親は死亡リスクが2倍高いという研究が発表されました。

Fairthorne, J., Hammond, G., Bourke, J., Jacoby, P., & Leonard, H. (2014). Early Mortality and Primary Causes of Death in Mothers of Children with Intellectual Disability or Autism Spectrum Disorder: A Retrospective Cohort Study. PLoS ONE, 9(12): e113430. doi:10.1371/journal.pone.0113430.

オーストラリア(パース)の西オーストラリア大学テレソン児童研究所(Telethon Kids Institute)、西オーストラリア州保健局(Health Department of Western Australia)の研究者(調査チーム)による論文です。

1983年〜2005年に西オーストリアで赤ちゃんを出産した母親全員を調査。母親の死亡は2011年までカウント。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発達心理学・発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

ADHDの女性は青色と赤色の彩度を弁別するのが苦手

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の女性は青色と赤色の彩度を弁別するのが苦手という研究が発表されました。

Kim, S., Al-Haj, M., Chen, S., Fuller, S., Jain, U., Carrasco, M., & Tannock, R. (2014). Colour vision in ADHD: Part 1-Testing the retinal dopaminergic hypothesis. Behavioral & Brain Functions, 10:38, doi:10.1186/1744-9081-10-38.

カナダのトロント大学応用心理学人間発達学部、ヨーク大学心理学部、ウェスタンオンタリオ大学臨床心理学部、依存症精神衛生センター(Centre for Addiction and Mental Health)精神医学研究室、アメリカのニューヨーク大学心理学部&心理神経科学研究室の研究者達による論文です。

被験者は30人のADHD者と年齢・性別をマッチさせた健常発達の大人。

課題は心理物理学的な彩度(青色と赤色)とコントラストの弁別力を測る検査。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発達心理学・発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする