2017年05月01日

実行機能の枯渇は心の理論の障害を引き起こす

就学前期の子供に、「実行機能の枯渇」を生じさることが可能で、それにより心の理論課題の成績が低下するという研究があります。

Powell, L. J., & Carey, S. (2017). Executive function depletion in children and its impact on theory of mind. Cognition, 164, 150-162. doi:10.1016/j.cognition.2017.03.022.

アメリカのマサチューセッツ工科大学脳認知科学研究科とハーバード大学心理学研究科の研究者2名による共著論文です。

本研究の目的は2つでした。1つは、自己制御(自己調整)した直後に実行機能が要求される課題をすると、成績が低下するという大人での知見が就学前児童でも当てはまるかどうか調べることでした。これは実験1と実験3で検証しました。もう1つは、実行機能枯渇実験の手続きを用いて、子供の心の理論における実行機能の役割を調べることでした。これは実験2と実験4で検証しました。

その結果、就学前児童でも実行機能の枯渇現象が生じました。また、実験2において、実行機能の枯渇が、他者の誤信念に基づきその行動を予測する5歳児の能力を低下させました。実験4では、他者の誤信念に基づきその行動を説明する4-5歳児の能力が、実行機能の枯渇で低下しました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発達心理学・発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

ウィリアムス症候群の人はキャラ弁が理解できない?

ウィリアムス症候群という障害があります。ウィリアムス症候群とは、神経発達障害の一種で、その症状はエルフのような顔つき(妖精様顔貌)、結合組織異常、心臓疾患、高カルシウム血症などです。特に高い社交性を示すことが知られています。

ウィリアムス症候群の原因は7番染色体長腕(7q11.23)の微細欠失で、特にエラスチン(ELN)遺伝子の欠失が特徴的だとされています。7q11.23領域にはエラスチン遺伝子がありますが、それ以外にもLIMキナーゼ1(LIMK1)遺伝子などもあり、ウィリアムス症候群の病因に関わっているとされています。LIMK1遺伝子欠失は視空間認知障害との関連が指摘されています。なお、視空間認知障害はウィリアムス症候群の症状の1つです。言語能力は比較的高いと言われています。

ウィリアムス症候群の別名はウィリアムス-ボイレン症候群です。濁点を打ってウィリアムズ症候群、ウィリアムズ-ボイレン症候群と呼ばれることもあります。

さて、そんなウィリアムス症候群ですが、彼らは食材で顔を作るタイプの「キャラ弁」を認識するのが苦手であるという研究が発表されました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発達心理学・発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

妊婦がお腹をなでたり、童話・おとぎ話を聞かせると胎児が反応する

妊婦がお腹をなでなですると胎児の腕の動きが多くなり、童話・おとぎ話を読んで聞かせるとあくびの回数が減少するという研究が科学ジャーナル『プラスワン(プロスワン)』に掲載されました。特に成長している胎児(妊娠期間が長い胎児)の方が差が顕著に現れました。

Marx, V., & Nagy, E. (2015). Fetal Behavioural Responses to Maternal Voice and Touch. PLoS ONE, 10(6): e0129118. doi:10.1371/journal.pone.0129118.

イギリススコットランドのダンディー大学心理学部の研究チームによる論文です。

これから母親になる女性(expecting mothers)23人が参加。平均年齢は28歳(SD=3.97)で範囲は18〜35歳。妊娠期間は21週〜33週(平均は27週で、SD=4.07)。初産が12人。妊婦はリアルタイムの3D超音波計測をしながら以下の3条件をそれぞれ体験(被験者内計画)。

・ボイス条件:3匹のこぶた(Little Three Pigs)またはジャックと豆の木(Jack and the Beanstalk)を音読
・タッチ条件:腹部をなでなでする
・統制条件:手を身体の横において寝転がる続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発達心理学・発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする