2013年12月11日

後天的相貌失認患者は声による人物認識が得意

日本テレビのザ!世界仰天ニュース(司会:笑福亭鶴瓶・中居正広、アシスタント:久野静香)で、12月11日(水)夜9時〜9時56分から脳の不思議スペシャルパート12を放送します。ゲストは東貴博、アルコ&ピース、上戸彩、紅蘭です。

ザ!世界仰天ニュース(脳の不思議スペシャルパート12)に相貌失認が登場しますので、本ブログでも「相貌失認特集」を組みます。

相貌失認とは顔を認識することができない状態のことで、紡錘状回など顔知覚に関わる脳領域の異常で生じるとされています。失顔症とも呼ばれます。

↓特集記事一覧

相貌失認の人は集団の平均的な顔、表情なら認識できる

相貌失認の人は顔に動きがあれば、顔を認識できる

後天的相貌失認の人に残る顔認識能力

後天的相貌失認患者は顔の弁別はできないが、身体の弁別はできる

先天性相貌失認の人は、顔の年齢・性別の判断が可能

先天的相貌失認の人は顔の魅力を評価できる

先天的相貌失認患者は顔の認識が無意識的(潜在的)にできる

オキシトシンは相貌失認の治療薬?:鼻腔投与で顔の記憶力、認識力が向上

ヨーク大学(カナダ)の研究によると、後天的相貌失認(acquired prosopagnosia)患者は顔による人物認知はできないが、聴覚または視覚と聴覚の2つがあれば、人物の認識ができます。

しかし、それだけでなく、声による人物同定は健常対照群よりも得意だったのです。

Hoover, A. E., Démonet, J. F., & Steeves, J. K. (2010). Superior voice recognition in a patient with acquired prosopagnosia and object agnosia. Neuropsychologia, 48(13), 3725-3732. doi:10.1016/j.neuropsychologia.2010.09.008.

上の論文は物体失認(object agnosia)患者も調べています。物体失認患者も聴覚的な物体認識ができるようです。

物体失認とは目が見えるのにそれが何なのか分からない症状のことです。

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相貌失認 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オキシトシンは相貌失認の治療薬?:鼻腔投与で顔の記憶力、認識力が向上

日本テレビのザ!世界仰天ニュース(司会:笑福亭鶴瓶・中居正広、アシスタント:久野静香)で、12月11日(水)夜9時〜9時56分から脳の不思議スペシャルパート12を放送します。ゲストは東貴博、アルコ&ピース、上戸彩、紅蘭です。

ザ!世界仰天ニュース(脳の不思議スペシャルパート12)に相貌失認が登場しますので、本ブログでも「相貌失認特集」を組みます。

相貌失認とは顔を認識することができない状態のことで、紡錘状回など顔知覚に関わる脳領域の異常で生じるとされています。失顔症とも呼ばれます。

↓特集記事一覧

相貌失認の人は集団の平均的な顔、表情なら認識できる

相貌失認の人は顔に動きがあれば、顔を認識できる

後天的相貌失認の人に残る顔認識能力

後天的相貌失認患者は顔の弁別はできないが、身体の弁別はできる

先天性相貌失認の人は、顔の年齢・性別の判断が可能

先天的相貌失認の人は顔の魅力を評価できる

先天的相貌失認患者は顔の認識が無意識的(潜在的)にできる

後天的相貌失認患者は声による人物認識が得意

実は、オキシトシン鼻腔投与を先天性相貌失認(発達性相貌失認)患者に施すと、顔の記憶力、マッチング能力が向上します。

オキシトシンは相貌失認でない人でも顔認識能力を高める効果があることが知られています。オキシトシンとは下垂体後葉から分泌されるホルモンのことで、メディアでは信頼ホルモン、愛情ホルモンなどと喧伝されています。

英ボーンマス大学、英ドーセットヘルスケア大学Foundation Trust、米国ダートマス大学、英国スウォンジ大学、英国リンカーン大学の合同研究が科学雑誌、Cortexに投稿した論文が元ネタです。

Bate, S., Cook, S. J., Duchaine, B., Tree, J. J., Burns, E. J., & Hodgson, T. L. (in press). Intranasal inhalation of oxytocin improves face processing in developmental prosopagnosia. Cortex, doi:10.1016/j.cortex.2013.08.006.

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相貌失認 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先天的相貌失認患者は顔の認識が無意識的(潜在的)にできる

日本テレビのザ!世界仰天ニュース(司会:笑福亭鶴瓶・中居正広、アシスタント:久野静香)で、12月11日(水)夜9時〜9時56分から脳の不思議スペシャルパート12を放送します。ゲストは東貴博、アルコ&ピース、上戸彩、紅蘭です。

ザ!世界仰天ニュース(脳の不思議スペシャルパート12)に相貌失認が登場しますので、本ブログでも「相貌失認特集」を組みます。

相貌失認とは顔を認識することができない状態のことで、紡錘状回など顔知覚に関わる脳領域の異常で生じるとされています。失顔症とも呼ばれます。

↓特集記事一覧

相貌失認の人は集団の平均的な顔、表情なら認識できる

相貌失認の人は顔に動きがあれば、顔を認識できる

後天的相貌失認の人に残る顔認識能力

後天的相貌失認患者は顔の弁別はできないが、身体の弁別はできる

先天性相貌失認の人は、顔の年齢・性別の判断が可能

先天的相貌失認の人は顔の魅力を評価できる

オキシトシンは相貌失認の治療薬?:鼻腔投与で顔の記憶力、認識力が向上

後天的相貌失認患者は声による人物認識が得意

豪マッコーリー大学、オーストラリア国立大学、カロリンスカ研究所(スウェーデン)の合同研究チームは先天性相貌失認の人は無意識的な顔認識能力を持っていることを示しました。

Rivolta, D., Palermo, R., Schmalzl, L., & Coltheart, M. (2012). Covert face recognition in congenital prosopagnosia: A group study. Cortex, 48(3), 344-352. doi:10.1016/j.cortex.2011.01.005.

この論文によると、強制選択親近性課題(Forced choice familiarity task)を用いれば、先天性相貌失認の人でも潜在的な顔認識ができるとのことです。

もちろん、意識的(顕在的)には顔を認識できていないようですが。。。

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相貌失認 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする