2017年05月22日

同性間競争が強いと身長をサバ読みしがち

ウルグアイのジュニアサッカー選手の男の子は、同性間競争が強いと身長をサバ読みしがちという研究があります。

Mailhos, A., Buunk, A. P., & del Arca, D. (2017). High intrasexual competition is related to inflated height reports in male junior soccer players. Personality & Individual Differences, 113, 229-234. doi:10.1016/j.paid.2017.03.030.

ウルグアイのレプブリカ大学心理学研究室、カトリカ・デル・ウルグアイ大学心理学研究室、オランダのフローニンゲン大学心理学教室、オランダ王立芸術科学アカデミー、キュラソー大学の研究者らによる論文です。

性淘汰には同性間競争というものがあります。同性間競争とは、配偶相手をめぐって同性同士で争うことです。たとえば、オスがメスをめぐって争うことは同性間競争にあたります。このオス同士の争いに勝つのは大抵、小さな個体よりも大きな個体です。同性間競争はオス同士で行われることが多いことから、それによりメスよりオスの方が大きいという性的二形が生まれます。

人間では男性の身長は攻撃行動や地位、支配性と関連しています。攻撃行動や地位、支配性は同性間競争と関わっています。だとすると、男性が実際よりも自分の身長を高く報告すること、すなわち身長のサバ読みが同性間競争が高い状況で行われているのでは?という予想が成立します。そこで、本研究ではこの予想がどれだけ、現実世界で的中しているか調べることを目的としました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女心理学(・進化心理学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

妊娠可能性の高い女性のにおいで男性の飲酒量が増加し、女性に接近する傾向が強まる

妊娠可能性の高い時期の女性が着たTシャツのにおい(匂い?臭い?)を嗅ぐと、男性は「飲酒」量が増え、女性の席により接近するという研究が出版されました。

Tan, R., & Goldman, M. S. (2015). Exposure to female fertility pheromones influences men’s drinking. Experimental & Clinical Psychopharmacology, 23(3), 139-146. doi:10.1037/pha0000016.

サウスフロリダ大学心理学部の研究者2名が共同著者となっている論文です。

最終的にデータ分析に用いられたのは飲酒をする異性愛の男子大学生94人(平均年齢24歳,範囲は21〜37歳)。群の割り当ては妊娠可能性が高い時に女性が着たTシャツのにおいを嗅ぐ排卵プライム群と妊娠可能性が低い時のTシャツのにおいを嗅ぐ統制プライム群(両者に年齢、民族、嗅覚感受性、飲酒パターンに有意差は検出されず)。

Tシャツ提供者は女性17人で、計38枚のTシャツが入手できました(一部は未使用)。平均年齢は24歳(範囲は20〜29歳)。

女性からのサンプル採取はホルモンに作用する避妊薬を用いていないこと、1か月の生理周期(正確には26〜34日の生理周期)が定期的に来ることが条件でした。また、Tシャツは睡眠中に着用したものをサンプルに使用したのですが、サンプル提供関連日には匂いのするデオドラントや香水、その他化粧品を使わない、ニンニクや酢などにおいのきつい食品を食べないこととしました。さらに、Tシャツは新品で性的パートナーやペットと一緒に眠らないこととしました(まだまだ条件がありますが省略します)。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男女心理学(・進化心理学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

父親の学歴や親の収入が高いと子供は美女・美男子になりやすい

親の社会経済的地位が高いと子供が美女・美男子になりやすいという研究があります。

Huber, S., Fieder, M. (2014). Effects of parental socio-economic conditions on facial attractiveness. Evolutionary Psychology:An International Journal of Evolutionary Approaches to Psychology & Behavior, 12(5), 1056-1065.

オーストリアのウィーン大学人類学研究室の研究者2名による論文です。

ウィスコンシン縦断研究(Wisconsin Longitudinal Study)のサンプル(n=8,434)を対象に父親の教育水準や親の収入と子供の顔の魅力度の関係を調査しました。ウィスコンシン縦断研究とは1957年にウィスコンシン州の高校を卒業した10,317人の長期的なデータ収集研究のことです。

顔の魅力は高校の卒業アルバムの写真で推定しました。統制した要因は子供の性別、誕生年、誕生時点での父親の年齢でした。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 17:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 男女心理学(・進化心理学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする