2017年05月08日

課題が難しい時、自己制御欲求は逆効果

課題が難しい(要求水準が高い)場合、自己制御(自己調整)欲求は逆効果になるという研究があります。

Uziel, L., & Baumeister, R. F. (2017). The Self-Control Irony: Desire for Self-Control Limits Exertion of Self-Control in Demanding Settings. Personality & Social Psychology Bulletin, 43(5), 693-705. DOI: 10.1177/0146167217695555.

イスラエルのバル=イラン大学社会科学部心理学教室、オーストラリアのクイーンズランド大学心理学研究科兼アメリカのフロリダ州立大学心理学部の研究者2名による共著論文です。

自己制御は適応的な能力だとして、その力をつけることが推奨されています。しかし、自己制御力をつけたいという欲求の影響についてはほとんど分かっていません。そこで、本研究では自己制御欲求が自己制御能力に与える影響を調べることを目的としました。

全部で4つの研究(N = 635)を行いました。

研究1(Study 1)では、自己制御欲求が高いと、要求水準が高い課題の成績が低くなりましたが、単純な課題の成績は低くなりませんでした。

研究2(Study 2)では、自己制御欲求を実験操作することで研究1の結果に因果関係があることを示唆しました。

研究3(Study 3)と研究4(Study 4)では、自己制御欲求が高い→効力感信念が低下しやすい→要求水準が高い課題で成績が低下しやすいという媒介関係が示されました。

上述した結果は、課題が難しいと、自己制御欲求により目標と自覚ポテンシャルの差が強調されて、自分はできるという感覚が低下し、課題に労力を払わなくなり、自己制御しなくなると解釈されました。

○自己制御研究一覧
自己制御のコスト(負の側面)
狭い場所にいると自己制御が上手になり、食物の誘惑に勝てるようになる
おしっこを我慢すると嘘を言うのが上手くなる

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知心理学、認知神経科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449680120

この記事へのトラックバック