2017年04月10日

中間の選択肢を選ぶ人が多い国はIQが高い

質問に対する回答で中間の選択肢を選ぶ人が多い国はIQが高い、という研究があります。性格との関係もあるようです。

Minkov, M. (2017). Middle responding: An unobtrusive measure of national cognitive ability and personality. Personality & Individual Differences, 113, 187-192. doi:10.1016/j.paid.2017.03.041.

ブルガリアのヴァルナ経営大学、フィンランドのイティム・インターナショナル(itim International)の研究者による単著論文です。

反応スタイルは、心理学や社会学の研究で問題となります。ここでの反応スタイルとは、質問項目の内容によらず、質問に似たような回答をする傾向のことです。異なる文化には異なる反応スタイルがあると考えられることから、比較文化研究においては重大な問題で、質問で測る構成概念の比較可能性を低下させます。

反応スタイルは性格や文化的特徴と関連するとされます。そこで、今回は反応スタイルと、国レベルの知能、性格との関係を調査しました。データは52か国の44,096人の回答者によりました。

その結果、国レベルにおいて、カテゴリカルに正反対の選択肢を避け、中間の選択肢を選ぶ反応スタイルが1国のIQと強く相関しました。相関係数はサンプルや質問項目のタイプによって違いましたが、r = 0.80〜0.91の範囲でした。

また、国レベルのIQが低い(カテゴリカルな反応に対する選好が高い)と過度に単純化した厳格な性格を、国レベルのIQが高い(中間の選択肢への選好が高い)と柔軟でダイナミック、順応性のある性格で、状況要因に応じて変わることができるようでした。

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 性格心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448878204

この記事へのトラックバック