2016年02月09日

第一次世界大戦中は男性の自殺率が低かった(愛)

アイルランドで第一次世界大戦中に自殺率が低下しており、特に男性で顕著だという調査報告が英国王立精神医学会のオープンアクセス誌、『British Journal of Psychiatry Open(BJPsych Open)』に掲載されています。

アイルランドの漢字表記は愛蘭(土)ですから、記事タイトルの最後に「愛」をつけました。決しておふざけではありません。

Osman, M., & Parnell, A. C. (2015). Effect of the First World War on suicide rates in Ireland: an investigation of the 1864–1921 suicide trends. British Journal of Psychiatry Open, 1(2), 164-165. DOI: 10.1192/bjpo.bp.115.000539.

アイルランド国立大学ダブリン校(ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン)数理科学研究科数学統計学教室の先生と同大学の精神医学やコンピュータ情報科学を専門とする先生2名よる共著論文です。

用いたアイルランドの自殺率データは1864年から1921年のものでした。このデータはアイルランド中央統計局のサイトから入手しました。統計学的解析方法は分割時系列デザイン(interrupted time series design:ITSデザイン)によりました。

*分割時系列デザインとはある出来事が起こった年度の前後を比較してその出来事の影響力を推定する統計学的手法のことです。と偉そうなことを書きながら実は分割時系列デザインを用いた論文を読むのは初めてなので少し難しかったです。以下、論文から読み取れたことだけ書きます。

その結果、1864年から1913年までは自殺率が少しずつ上昇していく傾向が読み取れました。しかし、1914年になってからは自殺率が減少しました。これらの傾向は男女ともに見受けられました。

一番自殺率が高かったのは1912年の人口10万人あたり3.763人でした。男女別にみると男性は1912年の5.938人/10万人、女性は1910年の1.957人/10万人が最大値でした。

では一番自殺率が低かったのはというと1866年の1.213人/10万人で、男性でも1866年の1.666人/10万人、女性だと1920年の0.586人/10万人が最低でした。

1914〜1918年における男女を含めた一般人口の自殺オッズは0.842でした(95%信頼区間:0.787-0.901)。これはこの期間に自殺率が13.6%低下した計算になります(95%信頼区間:9.9-21.1)。男女別にみると、男性では1914〜1918年の自殺オッズは0.811(95%信頼区間:0.768-0.963)で、これはこの期間に男性の自殺率が18.9%低下した計算になります(95%信頼区間:3.7-24.2)。ただ、第一次世界大戦の女性の自殺率への影響は有意ではありませんでした。

第一次世界大戦は1914年から1918年にかけて行われた戦争ですから、1914年から自殺率が低下したというのは偶然にしてはできすぎています。第一次世界大戦の直接的影響かもしくは間接的影響があったと考えるのが妥当だと考えられます。もっとも、統計学的にはあくまで1914年以降に(何らかの影響で)自殺率が低下したということが示されているだけで、その原因が第一次世界大戦だと判断するのは研究者の勝手なのですが…。

論文ではフランスの社会学者、エミール・デュルケームの『自殺論(Le suicide:étude de sociologie)』の観点からの議論も展開されています。

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 22:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | 死(自殺含む)の研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
第一次世界大戦中は男性の自殺率が低かった(愛): 心と脳の探求-心理学、神経科学の面白い研究
[url=http://www.gfq079wl6kc1a6t7j7m44f5l3z82jc09s.org/]ujrrrxopffh[/url]
jrrrxopffh http://www.gfq079wl6kc1a6t7j7m44f5l3z82jc09s.org/
<a href="http://www.gfq079wl6kc1a6t7j7m44f5l3z82jc09s.org/">ajrrrxopffh</a>
Posted by jrrrxopffh at 2016年02月10日 11:14
Posted by 記事と関係ないですが at 2016年02月20日 03:50
記事と関係ないですがさん、情報ありがとうございます。

時間がある時に読んでおきます!
Posted by マーキュリー2世 at 2016年02月20日 07:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433616082

この記事へのトラックバック