2015年07月11日

ダークトライアドと嘘の上手さや虚偽検出には何の関係もない

ダークトライアド(Dark Triad)と嘘をつく上手さや嘘発見能力には何の関係もないという論文がオープンアクセス誌『プラスワン(プロスワン)』に発表されました。なお、ダークトライアドとはマキャベリズム、自己愛、サイコパシーの3つの性格特性のことです。

Wright, G. R. T., Berry, C. J., Catmur, C., & Bird. G. (2015). Good Liars Are Neither ‘Dark’ Nor Self-Deceptive. PLoS ONE, 10(6): e0127315. doi:10.1371/journal.pone.0127315.

イギリスのロンドン大学バークベック校心理学部、プリマス大学心理学研究室、サリー大学心理学部、認知神経科学研究所、精神医学研究所イギリス医学研究協議会社会遺伝発達精神医学センターの研究者らによる論文です。

研究参加者は75人(男性28人,平均年齢27歳)。

実験開始前に以下の質問紙に回答。
・マキャベリズム尺度:MACH-IV
・ナルシシスト尺度:自己愛人格傾向尺度短縮版(Narcissistic Personality Inventory Short-Form:NPI-16)
・サイコパシー尺度:自己報告サイコパシー質問紙短縮版(Self-Report Psychopathy Questionnaire:SRP-SF)
・自己欺瞞尺度:バランス型社会的望ましさ反応尺度(Balanced Inventory of Desirable Responding:BIDR)の下位尺度、自己欺瞞尺度(Self-Deception Scale:SDS)
・嘘の受容度を測る尺度:嘘受容性尺度(Lie Acceptability Scale:LAS)

実験は欺瞞交流課題(Deceptive Interactive Task:DeceIT)の虚偽意見パラダイム(False-Opinion Paradigm)。この実験パラダイムではまず、社会的意見質問紙(Social Opinion Questionnaire:SOQ)でメディアの検閲や原子力発電など社会的問題に関する賛否を調査しました。次に「コミュニケーションスキルの実験」と称して参加者5人を1グループにまとめました。5人は椅子取りゲームのように円形に椅子に座りました。

欺瞞交流課題では社会的意見質問紙で調査したトピックについて順番に嘘の意見を言ったり、本当の意見を言ったりしました。被験者にはタブレット端末を持たせ、端末を通して本当のことを言うか嘘を言うかの指示を出しました。他の被験者は彼(女)の意見が本当か嘘かどうか判断しました。意見を言った人は自らの信憑性感覚を評定しました。

一番成績が良かった人にお金を与えると教示し、意見を言う発信者と真偽性の判断を行う受信者の動機づけを高めました。実験後に被験者は罪悪感や不安感、認知的負荷を評定しました。

実験の結果、全てのダークトライアドが正の相関関係を示しました(r=.247〜.349)。また、マキャベリズムと嘘受容性にr=.384の正の相関が、ナルシズムと自己欺瞞にr=.259の正の相関がありました。

相手の意見の真偽判断ができる人ほど嘘をつくのが上手くなりました(嘘を言っていても嘘と分かりずらい)。本当のことを言うよりも嘘を言う方が罪悪感や不安感、認知的負荷が高まり、反応するまでにかかる時間(反応潜時)が長くなり、喋っている時間(反応時間)が短くなりました。

嘘をつくのが上手い人ほど嘘を言う時と本当のことを言う時の反応潜時の差が小さくなりました。

相手の意見の虚偽検出は51.49%の正確性で、チャンスレベル(偶然)と変わりありませんでした。一方、真実性バイアス(truth bias)の存在が示唆されました。なお、真実性バイアスとは相手のいうことを真実だと思う傾向のことです。

一方、ダークトライアドの複合得点を用いても、個別指標(マキャベリズム・ナルシシズム・サイコパシー)を用いても嘘をつく上手さや嘘探知能力との間には何の関係もありませんでした。

ただし、嘘が受容されると考える人ほど嘘を言うのが得意でした。また、自己欺瞞傾向が強い人ほど嘘を言っていようが本当のことを言っていようが信頼されなくなりました。

本当のことを言った条件よりも嘘を言った条件の方が被験者の自信が低くなりました。嘘を言っていようが本当のことを言っていようが信頼される人ほど、嘘を言うのに自信がありました。自己欺瞞が強いほど嘘を言う時の自信がなくなりました。

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダークトライアド(Dark Triad) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック