2017年08月20日

余白はメッセージの説得力を低下させる

テキストにある余白はメッセージの説得力を低下させる、という研究があります。ただし、例外となる状況もあります。

Kwan, C. M. C., Dai, X., & Wyer, R. S. (2017).Contextual Influences on Message Persuasion: The Effect of Empty Space. Journal of Consumer Research, 44(2), 448–464. doi:10.1093/jcr/ucx051.

中国の中山大学経営学部、香港の香港中文大学ビジネススクールマーケティング学部、香港科技大学ビジネススクールマーケティング学部の研究者による論文です。

テキストの周囲にある空白空間(余白)がメッセージの説得力に与える影響を調べた研究です。フィールド調査やラボでの実験等7つの研究を行いました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 21:50 | Comment(0) | 認知心理学、認知神経科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

サイコパシーが高いとPTSDのリスクが低い

サイコパシー(精神病質)が高いと、PTSD(心的外傷後ストレス障害)症状が重篤化するリスクが低いという研究があります。

Anestis, J. C., Harrop, T. M., Green, B. A., & Anestis, M. D. (2017). Psychopathic Personality Traits as Protective Factors against the Development of Post-Traumatic Stress Disorder Symptoms in a Sample of National Guard Combat Veterans. Journal of Psychopathology & Behavioral Assessment, 39(2), 220-229. doi:10.1007/s10862-017-9588-8.

アメリカのサザンミシシッピ大学心理学教室の研究者らによる論文です。

性格特性はその種類によってPTSDの予防要因にもリスク要因にもなります。ところで、サイコパシーとは、感情の希薄さ、共感性の欠如、衝動性などの特徴を有する人格障害のことで、社会生活を送る上で不適応となると考えられます。しかし、サイコパス(サイコパシーが高い人)はリーダーとして活躍できるなど、状況によっては適応的になるとされます。したがって、本研究では、軍人でサイコパシーがレジリエンス要因として機能するかどうかを調べました。具体的には、州兵軍・予備役軍292人を対象にして、戦闘暴露経験に伴うPTSDとサイコパシーとの関連を調査しました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 13:28 | Comment(0) | ダークトライアド(Dark Triad) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

幼少期の夢の記憶が古い人は悪夢を見ることが多い


幼少期の夢の記憶が古い人は悪夢を見ることが多いという研究があります。

Nielsen, T. (2017a). When was your earliest dream? Association of very early dream recall with frequent current nightmares supports a stress-acceleration explanation of nightmares. Dreaming, 27(2), 122-136. DOI: 10.1037/drm0000051.

カナダのCIUSSS-NÎMモントリオール・サクレクール病院睡眠医学先端研究センター夢悪夢ラボ(実験室)兼モントリオール大学精神医学研究室の研究者1名による単論文です。

とある仮説によれば、悪夢を見ることが多い人はそうでない人よりも幼児期健忘が生じるはずの頃の記憶(夢を含む)へのアクセスが高いはずです。

このことを検証するため、17,014人の参加者に調査に協力してもらいました。参加者には、現在悪夢を見る頻度や睡眠中に見たことのある夢で一番古いもの(夢の最早期記憶)について、回答してもらいました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 01:43 | Comment(0) | 発達心理学・発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする