2017年04月29日

心理学専攻生はダークトライアドが低い

心理学専攻生(心理学生)はダークトライアドが低いという研究があります。ダークトライアドとは、マキャベリズム、サイコパシー、ナルシシズムという3種類の性格特性のことです。

Vedel, A., & Thomsen, D. K.(2017). The Dark Triad across academic majors. Personality & Individual Differences, 116, 86–91. doi:10.1016/j.paid.2017.04.030.

デンマークのオーフス大学心理学行動科学研究室の研究者2名による共著論文です。

ダークトライアド特性が高い人は、職場での権力や地位、社会的支配性を渇望するとされます。これらの欲望が、ダークトライアド特性の高い人が権力等が手に入る職業へと向かう要因になると考えられます。とするならば、ダークトライアドは教育上の選択にも影響する可能性があります。そこで、本研究の目的は大学生の専攻分野によって、ダークトライアドが最初から違うかどうか調べることとしました。性格の5因子(ビッグファイブ)も調べましたが、これは先行研究で新入生の専攻分野ごとの性格特性の違いが見出されていたためです。

大学の新入生(N = 487)をサンプルとし、ビッグファイブの性格特性とダークトライアド特性の質問紙調査を実施しました。専攻分野は心理学、経済学/ビジネス系、法学、政治学とし、平均得点を比較しました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダークトライアド(Dark Triad) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

オキシトシン濃度が高い人はラバーハンド錯覚で身体所有感を感じやすい


唾液中オキシトシン濃度が高い人はラバーハンド錯覚で身体所有感を感じやすいという研究があります。ただし、ラバーハンド錯覚の前後でオキシトシン濃度の変化は検出されませんでした。代わりに自閉症特性が強いと身体所有感を感じにくい結果となりました。特に、自閉症特性の内、ソーシャルスキルやコミュニケーション上の困難が強い人は、ラバーハンド錯覚で身体所有感を感じにくくなりました。コミュニケーション困難が高い人は、オキシトシン濃度が低い結果となりました。

なお、ラバーハンド錯覚とは何ぞや?という方は「ラバーハンドとブラシの間に磁力を感じる錯覚」という記事で解説していますので、参考にしてください(ラバーハンド錯覚の動画も掲載しています)。

Ide, M. & Wada, M. (2017). Salivary Oxytocin Concentration Associates with the Subjective Feeling of Body Ownership during the Rubber Hand Illusion. Frontiers in Human Neuroscience, 11:166. doi: 10.3389/fnhum.2017.00166.

埼玉県所沢市の国立障害者リハビリテーションセンター研究所脳機能系障害研究部発達障害研究室の井手正和日本学術振興会特別研究員PD、同研究所研究室の和田真室長の2名の研究者による共著論文です。

最終的にデータ解析したのは15人(女性7人、男性8人,平均年齢21.7歳 ± 0.48 SEM)。

エジンバラ質問紙(Edinburgh Inventory,EI)によって利き手を得点化し、側性係数(Laterality Quotient,LQ)を算出。両手利きが1人いましたが、残りの14人は右利きでした。

自閉症スペクトラム指数(Autism spectrum Quotient,AQ)日本語版で自閉症特性を評価。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 身体心理学(身体錯覚を含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

人は認知バイアスを示すロボットを好む

人は認知バイアスを示すロボットと交流することを選好するという研究があります。

Biswas, M., & Murray, J. (2017). The effects of cognitive biases and imperfectness in long-term robot-human interactions: case studies using five cognitive biases on three robots. Cognitive Systems Research, 43, 266–290. doi:10.1016/j.cogsys.2016.07.007.

イギリスのリンカーン大学コンピュータサイエンス学部の研究者2名による共著論文です。

研究の目的は、ロボットに導入した人間のような認知バイアスが人とロボットの交わりに与える影響を、長期的視点で調査することとしました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知心理学、認知神経科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする