2016年09月18日

Googleで去年の西暦の検索が多い地域は自殺率が高い

Googleで去年の西暦の検索が多いアメリカ合衆国の州は自殺率が高いという研究があります。「去年の西暦」とはまどろっこしい書き方です。しかし、「去年」だけだと、去年に起こった出来事と勘違いする人がでるかもしれず、「去年の西暦」としました。というのも、ここでのGoogle検索は純粋に「年」のことだからです。

Lee, D., Lee, H., & Choi, M. (2016). Examining the relationship between past orientation and US suicide rates: an analysis using big data-driven Google search queries. Journal of Medical Internet Research, 18(2):e35 DOI: 10.2196/jmir.4981.

大韓民国(韓国)のKAIST(Korea Advanced Institute of Science and Technology,韓国科学技術院)イノベーションテクノロジーマネジメント大学院、大洞病院(Dae-Dong Hospita)小児科学研究室の研究者達による論文です。

過去指向をGoogle Trendsによる検索クエリデータにより定量化。具体的には、とある年の前後1年に関する検索クエリ(検索ボリューム)の割合の比をとり、過去指向としました。たとえば、2009年の過去指向の算出では、「2008」の検索ボリュームの割合と「2010」の検索ボリュームの割合の比率をとりました。

過去指向は全米50州とワシントンD.C.(コロンビア特別区)で、2004年から2012年にわたり計算。なお、インターネット統計サイト、インターネット・ライブ・スタッツ(internet live stats)によると、アメリカでのインターネット普及率は2004年で64.76%、2012年で81.03%だったとのことです。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 死(自殺・自傷含む)の研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

Twitterで情報過多だと友達ではなく、見るツイートを減らす

日本のTwitterユーザーは情報過多を感じていても、友達を増やし続けているという研究があります。また、Twitterで情報過多を感じている人は受け取ったツイートの全てを見ないようにしているそうです。

Sasaki, Y., Kawai, D., & Kitamura, S. (2016). Unfriend or ignore tweets?: A time series analysis on Japanese Twitter users suffering from information overload. Computers in Human Behavior, 64, 914-922. doi:10.1016/j.chb.2016.07.059.

東京経済大学コミュニケーション学部の佐々木裕一准教授と北村智准教授、東京大学大学院情報学環・学際情報学府の河井大介助教による共著論文です。

本研究の目的は、日本人のTwitterユーザーが情報過多ストレスにどのように対処しているかを調査することとしました。

方法はTwitterのAPIsで収集した客観的データ(例:友達の数など)とウェブ調査で収集した主観的データ(例:情報過多知覚・ツイート処理方法)の解析によりました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット心理学(SNS等を含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする