2016年03月20日

セラピストはメタファーを多用する

うつ病の認知行動療法セッションでクライエントよりもセラピストの方がメタファーを多用するという研究があります。メタファーは日本語にすると暗喩(隠喩)ですが、本研究では直喩(明喩)もメタファーに含まれているのでご注意ください。

Mathieson, F., Jordan, J., Carter, J. D., & Stubbe, M. (2016). Nailing down metaphors in CBT: definition, identification and frequency. Behavioural & Cognitive Psychotherapy, 44(2), 236-248. doi:10.1017/S1352465815000156.

ニュージーランドのオタゴ大学ウェリントン/クライストチャーチキャンパス、カンタベリー大学の研究者らによる論文です。

うつ病の心理療法(50分間の認知行動療法セッション)のトランスクリプト48本をデータ解析しました。セラピストは3名、クライエントは12名(女性75%,平均年齢38.3歳,範囲26〜56歳)でした。データ解析した認知行動療法セッションは1〜4なので、全セッション数は12×4=48。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理療法、臨床心理学、精神医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

こちょこちょを自分でやってもくすぐったい統合失調傾向が強い人

普通は自分でこちょこちょ、こしょこしょすれば、くすぐり感覚は弱まるものです。しかし、統合失調傾向が強い人は自分の身体を自分でこちょこちょしても、くすぐったく感じやすいという研究があります。

Lemaitre, A. L., Luyat, M., & Lafargue, G. (2016). Individuals with pronounced schizotypal traits are particularly successful in tickling themselves. Consciousness & Cognition, 41, 64-71. doi:10.1016/j.concog.2016.02.005.

フランスのリール第3大学心理学教室:交流、テンポ、情動、認知?(Univ. Lille, EA 4072 – PSITEC – Psychologie: Interactions, Temps, Émotions, Cognition)の研究者による論文です。

397名の大学生が統合失調型パーソナリティ質問紙(Schizotypy Personality Questionnaire:SPQ)から抜粋した7項目の質問によるスクリーニングを受けました。397名からSPQ得点が高かった人40名と低かった40名を抜粋し、SPQの全質問に回答してもらいました。このうち、SPQの標準化データとの比較から得点が最も高かった健常者27名(女性17名,平均年齢23歳)と低かった健常者27名(女性16名,平均年齢23歳)が実験に参加しました。年齢にも利き手にも群間差は検出されませんでした。

*利き手はエディンバラ利き手テスト(Edinburgh Handedness Inventory,EHI)で評価。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 統合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする