2016年02月24日

自撮り投稿とナルシストの関係は女性より男性の方が強い

男性より女性の方がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に自撮り写真を投稿します。しかし、SNSに投稿した自撮り写真数と自己愛性格(ナルシシズム)の関係は女性よりも男性の方が強いという研究があります。

Sorokowski, P., Sorokowska, A., Oleszkiewicz, A., Frackowiak, T., Huk, A., & Pisanski, K. (2015). Selfie posting behaviors are associated with narcissism among men. Personality & Individual Differences, 85, 123-127. doi: 10.1016/j.paid.2015.05.004.

ポーランドのヴロツワフ大学心理学研究所とドイツのドレスデン工科大学耳鼻咽喉科学部嗅覚・味覚学際センターに研究者達による論文です。

○研究1

748人が参加(女性355人,男性393人)。平均年齢は21.64歳(SD = 3.41)。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダークトライアド(Dark Triad) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

第一次世界大戦中は男性の自殺率が低かった(愛)

アイルランドで第一次世界大戦中に自殺率が低下しており、特に男性で顕著だという調査報告が英国王立精神医学会のオープンアクセス誌、『British Journal of Psychiatry Open(BJPsych Open)』に掲載されています。

アイルランドの漢字表記は愛蘭(土)ですから、記事タイトルの最後に「愛」をつけました。決しておふざけではありません。

Osman, M., & Parnell, A. C. (2015). Effect of the First World War on suicide rates in Ireland: an investigation of the 1864–1921 suicide trends. British Journal of Psychiatry Open, 1(2), 164-165. DOI: 10.1192/bjpo.bp.115.000539.

アイルランド国立大学ダブリン校(ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン)数理科学研究科数学統計学教室の先生と同大学の精神医学やコンピュータ情報科学を専門とする先生2名よる共著論文です。

用いたアイルランドの自殺率データは1864年から1921年のものでした。このデータはアイルランド中央統計局のサイトから入手しました。統計学的解析方法は分割時系列デザイン(interrupted time series design:ITSデザイン)によりました。

*分割時系列デザインとはある出来事が起こった年度の前後を比較してその出来事の影響力を推定する統計学的手法のことです。と偉そうなことを書きながら実は分割時系列デザインを用いた論文を読むのは初めてなので少し難しかったです。以下、論文から読み取れたことだけ書きます。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 22:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | 死(自殺・自傷含む)の研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

腕時計をつける人は勤勉性が高く、時間に遅れない

普段から腕時計をしている人は勤勉性が高く、時間にも几帳面で約束時間よりも早く到着するという研究があります。

Ellis, D. A., & Jenkins, R. (2015). Watch-wearing as a marker of conscientiousness. PeerJ, 3:e1210. doi:10.7717/peerj.1210.

イギリスのランカスター大学心理学教室、ヨーク大学心理学教室の研究者2名による共著論文です。  

○研究1(調査)

調査協力者は112人(女性62.5%)。年齢の範囲は17〜54歳。

性格の評価は10項目性格質問票(Ten-Item Personality Inventory:TIPI)で実施。TIPIとは性格の5因子(ビッグファイブ)を測定する質問紙のことです。ビッグファイブとは外向性、調和性、勤勉性、神経症傾向(情緒安定性)、開放性の5次元のことです。性格の5因子モデル、性格特性5因子論等とも呼ばれます。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 性格心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする