2015年12月29日

苦いものが好きな人はサディズムやサイコパシーが高い

苦い味が好きな人はサディスティックでサイコパシー傾向が高いという研究が発表されました。

Sagioglou, C., & Greitemeyer, T. (2016). Individual differences in bitter taste preferences are associated with antisocial personality traits. Appetite, 96, 299-308. doi:10.1016/j.appet.2015.09.031.

オーストリアのインスブルック大学心理学科の研究者2名による共著論文です。

本研究の目的は苦味の選好が反社会的な性格特性と関連するかを調査することでした。

調査は2つ実施し、全部でサンプル数がN = 953となりました(平均年齢35.65歳,女性48%)。

研究参加者には味の好みについて自己報告を求め、性格質問紙にも回答してもらいました。ここで評定した性格特性とはマキャベリズム(権謀術数主義)、サイコパシー(精神病質)、ナルシシズム(自己愛傾向)、everyday sadism(日常的サディズム)、攻撃特性及び性格の5因子(ビッグファイブ)でした。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダークトライアド(Dark Triad) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

感謝すると甘い食べ物の誘惑に負けるようになる

感謝すると甘いお菓子を食べる量や選択する量が増えるという研究が発表されました。ダイエットに感謝は大敵というわけです。

細かいことを述べると、自己が他者とは独立していると考えるよりも他者との関係性の中で自己が位置づけられると考えた方が感謝することで甘いお菓子をより多くとるようになる(実験2)、感謝による甘い食べ物への誘惑効果の増大は感謝対象者との類似性を強く感じると顕著になる(実験5・6)、恩義ではなく感謝が重要(実験2)、感謝は食べ物一般への誘惑に負けることを促すのではない(実験3)、感謝は他者とシェアするために食べ物をとる量を増やすのではない(実験3)、感謝で私的自己意識が低下して食べ物の誘惑に負けやすくなるのでもない(実験3)等の結果が得られています。また、感謝対象の人との類似性を感じる→自分は甘味を堪能するに値すると考える→甘いものを多く食べるという媒介過程が得られました(実験6)。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 20:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする