2015年10月25日

おしっこを我慢すると嘘を言うのが上手くなる

膀胱がパンパンになったままでおしっこ(排尿)を我慢すると嘘をつくのが上手くなるという研究が発表されました。

Fenn, E., Blandón-Gitlin, I., Coons, J., Pineda, C., & Echon, R. (2015). The inhibitory spillover effect: Controlling the bladder makes better liars. Consciousness & Cognition, 37, 112-122. doi:10.1016/j.concog.2015.09.003.

アメリカのクレアモント大学院大学、カリフォルニア州立大学フラトン校の研究者による論文です。

まずはじめに実験参加者(被験者)は大量の水を飲みました(統制群は少量の水を飲みました)。次に面接官に対して嘘か本当のことを言いました。第三者が実験参加者の行動に嘘の手がかりが現れているか評価し、嘘をついているか、それとも真実を述べているかの判断をしました。

その結果、水を大量に飲んだ群だけ嘘をつく時に示す行動手がかりが少なくなり、本当のことを言っていることを示すかのような手がかりを出しました。また、水を大量に飲んだ群は説明が長く、複雑になりました。事実、第三者が大量飲水群の人たちの嘘を見破るのが難しくなり、嘘つきを正直者と判断するバイアスが強まりました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知心理学、認知神経科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

透明人間の錯覚で痛覚感受性が高まる

バーチャルリアリティー(仮想現実)技術で透明人間になり、その透明身体を所有している感覚が高いほど痛みに敏感になるという研究が発表されました。

Martini, M., Kilteni, K., Maselli, A., & Sanchez-Vives, M. V. (2015). The body fades away: investigating the effects of transparency of an embodied virtual body on pain threshold and body ownership. Scientific Reports, 5:13948. doi:10.1038/srep13948.

イギリスのイースト・ロンドン大学心理学部、スウェーデン(ストックホルム)のカロリンスカ研究所神経科学研究科脳、身体、自己ラボ(実験室)、イタリア(ローマ)のサンタ・ルチア財団神経運動生理学ラボ、スペイン(バルセロナ)のIDIBAPS(Institut d’Investigacions Biomèdiques August Pi i Sunyer)、ICREA(Institució Catalana Recerca i Estudis Avançats)、バルセロナ大学心理学研究科イベントラボ&基礎心理学研究科の研究者達による論文です。

右利きの女性24名が参加(平均年齢21歳)。

バーチャルリアリティーシステムにヘッドマウントディスプレイ(HMD)を使用。バーチャルボディ(仮想身体)は透明性を0%、25%、50%、75%の4段階に設定可能で、全ての実験参加者が4段階を経験(被験者内実験計画)。第一人称視点の身体所有感錯覚の誘発を目指す。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 身体心理学(身体錯覚を含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする