2017年09月24日

なぜ広告の時計の時刻は10時10分なのか?

皆さん、お気づきでしょうか?実は広告に登場する時計は時刻が10時10分ぐらいの時間帯になっていることが多いんです。試しにAmazonの時計商品を見てみてください。例外はあるものの、時計の針が10時10分ぐらいの時刻にセットされていることがほとんどです。これは1950年代からの商習慣です。ただ、デジタル時計だと、10時10分以外の時刻も散見されますが。

Amazonの腕時計カテゴリー
Amazonでアナログ時計を検索
Amazonでデジタル時計を検索

いったいこれはなぜなのでしょうか?という疑問に挑んだのが今回の研究です。結論から言えば、時計の針が10時10分を指していると、ポジティブ情動を喚起し、購買意図を高めるとの結果が得られました。しかも、10時10分の時計は笑顔に似ていると感じられるのです。

Karim, A. A., Lützenkirchen, B., Khedr, E., & Khalil, R. (2017). Why Is 10 Past 10 the Default Setting for Clocks and Watches in Advertisements? A Psychological Experiment. Frontiers in Psychology: Cognitive Science, 8:1410. doi: 10.3389/fpsyg.2017.01410.

ドイツのSRH Fernhochschule The Mobile University(モバイル大学)予防衛生心理学研究室、チュービンゲン大学精神医学心理療法研究室、ジェイコブス大学ブレーメン校神経心理学研究室、エジプトのアシュート大学病院神経精神医学部門、アメリカのラトガース大学ニューアーク校分子行動神経科学センター行動神経科学大学院課程の研究者による論文です。

〇実験1続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 23:16 | Comment(0) | 消費者心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

他者をサポートすると自己制御が難しくなる

相手へのソーシャルサポートの提供で自己制御(自己調整)が低下するという研究があります。

Gosnell, C. L., & Gable, S. L. (2017). You deplete me: Impacts of providing positive and negative event support on self-control. Personal Relationships, 24(3), 598-622. DOI:10.1111/pere.12200.

アメリカニューヨーク州のペース大学心理学研究室とカリフォルニア大学サンタバーバラ校心理学脳科学研究所の研究者2名による共著論文です。

ソーシャルサポート提供が自己制御に与える影響を調べることを目的とした研究です。研究結果は以下の通りでした。

日頃のサポート提供でその有効性についての関心が高かった人、情動制御が高かった人は、行動上も主観的にも自己制御資源が消耗しました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 02:00 | Comment(0) | 社会心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする