2017年07月17日

ハッザ族は夜でも誰かが起きていることが多い

タンザニアの狩猟採集民、ハッザ族は夜に全員寝ることは稀で、誰かが覚醒していることが大半という研究があります。

Samson, D. R., Crittenden, A. N., Mabulla, I. A., Mabulla, A. Z. P., & Nunn, C. L. (2017). Chronotype variation drives night-time sentinel-like behaviour in hunter–gatherers. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences, 284:20170967. DOI: 10.1098/rspb.2017.0967.

カナダのトロント大学人類学研究室、アメリカのデューク大学進化人類学研究室、同大学デューク世界衛生研究所(Duke Global Health Institute)、ネバダ大学ラスベガス校人類学研究室、タンザニアのダルエスサラーム大学資源評価研究所(Institute of Resource Assessment)、同大学人類学遺産学研究室の研究者による論文です。

狩猟採集民族、ハッザ族(Hadza族)の夜の活動パターンを、身体活動や睡眠-覚醒リズムを測ることのできる加速度センサー、アクティグラフィー(アクチグラフィー)で計測した研究です。

その結果、20日間の観察期間中、全員が眠っていた時間は18分だけで、夜通し起きていたハッザ族の人数の中央値は8人でした。つまり、初めの人が眠りについてから最後の人が起床するまでの時間の99.8%は誰かが起きていたか、ウトウトするぐらいだったのです。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 15:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

自己理解は他者理解を深める

瞑想訓練で自己理解を深めると、他者理解(高次の心の理論課題)も上手になるという研究があります。特に、瞑想訓練期間中に自分の中のネガティブな側面を発見した数が多いほど、他者の信念や意図を推測するのが上手になります。

Böckler, A., Herrmann, L., Trautwein, F-M., Holmes, T., & Singer, T. (2017). Know thy selves: Learning to understand oneself increases the ability to understand others. Journal of Cognitive Enhancement, 1(2), 197–209. DOI: 10.1007/s41465-017-0023-6.

ドイツのマックス・プランク人間認知脳科学研究所社会神経科学部門、ヴュルツブルク大学心理学研究所、アメリカの西ミシガン大学の研究者による論文です。

最終的にデータ解析されたのは141人(女性81人)。平均年齢40.94歳(SD = 9.39)。もともとの研究は332人が参加したもので、以下の4群にランダムに割り当てていました。今回は視点モジュール訓練を受けた全モジュール訓練群1と全モジュール訓練群2だけを訓練群としてデータ解析に使いました(20人のデータは訓練を完遂しなかった、データ保存での技術的問題で分析できず)。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | (マインドフルネス)瞑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする