2018年06月11日

協力と認知は共進化可能

協力と認知は共進化できるという研究があります。つまり、協力と認知(機能)はともに高めあう関係になり得るのです。

dos Santos, M., & West, S. A. (2018). The coevolution of cooperation and cognition in humans. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences, 285:20180723. DOI: 10.1098/rspb.2018.0723.

イギリスのオックスフォード大学動物学研究科の研究者2名による論文です。

古代の狩猟採集民族の協力行動は、親族で共有される協力で得られるものから成立していました。しかし、互いに血のつながりのない個体からなる大きな集団に移行した初期人類移行、協力がどのように保持されているのか不明です。

そこで、親族への利益から協力が進化した後に、認知が進化し、協力からのリターンが増えるとの仮説をたてました。認知発達の程度は、集団が大きくなり、血のつながりが低下している時に、自己への利益が協力を安定にさせるぐらいと仮定しました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 04:35 | Comment(0) | 認知心理学、認知神経科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

非倫理的行動は2人の社会的絆を強める手段となる


1人だけよりも、互いに社会的絆を共有していない2者による共同意思決定の方が倫理性が低い、という研究があります。論文によれば、2者での共同的な倫理違反が、相手と社会的絆を形成する手段になっているとのこと。「赤信号みんなで渡れば怖くない」といわれますが、そもそもなぜみんなで赤信号を渡る必要があるのか?その背景には、みんなとの社会的絆を形成、強化したいという願いがあるのかもしれません。

Nikolova, H., Lamberton, C., & Coleman, N. V. (2018). Stranger Danger: When and Why Consumer Dyads Behave Less Ethically Than Individuals. Journal of Consumer Research, 45(1), 90–108. doi:10.1093/jcr/ucx108.

アメリカのボストンカレッジキャロル経営大学院、ピッツバーグ大学ジョセフ M. カッツ経営大学院の研究者による論文です。

市場や職場、スポーツチーム、アカデミアでの共犯は割とあることですが、ほとんど研究されていません。そこで本研究の目的は、2人での倫理的意思決定と個人での倫理的意思決定を比較することとしました。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 01:52 | Comment(0) | 社会心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする