2019年12月16日

授業の前に頭の体操を行うと、試験の成績が上がる


授業の前に頭の体操を行うと、試験の成績が上がるという研究があります。

White, H. A., & Highfill, L. E. (2019). Cognitive Exercise Boosts Exam Performance in an Introductory Psychology Course. Teaching of Psychology, 46(2), 135-139. doi:10.1177/0098628319834196.

アメリカのミシガン大学心理学部、フロリダ州のエッカード大学心理学部比較心理学ラボの研究者2名による共著論文です。

参加者は心理学概論の講義を受けている大学生68人(女性52人,男性16人)。1年生(回生)が34人、2年生が34人。

*ただし、授業を欠席した学生や調査への回答をしなかった学生はデータ解析の対象とはならなかったため、実際に分析に使ったデータは68人より少ない。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 04:32 | Comment(0) | 認知心理学、認知神経科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

1年の後半に出版された論文は被引用数が少なくなりがち


1年もあとわずかとなる10月〜12月の間に出版された論文は引用されにくいという研究があります。著者は、この現象を「引用の落とし穴(citation trap)」と表現しました。検索エンジンの「不具合」が引用の落とし穴の原因だと著者は指摘しています。ただ、今回の解析は経済学の論文を対象としたもので、他の分野でも同様の傾向があるかどうか、さらなる研究が必要です。

*現在はプレプリントが普及しているので、場合によっては出版というよりも公開といった方が適切かもしれませんが、本記事では出版で統一します。また、後述するように10月〜12月の代わりに7月〜12月で解析しても、被引用数が少なくなっています。そこで、本ブログ記事では論文のように年末と表現するのではなく、1年の後半と表現します。

Ma, C., Li, Y., Guo, F., & Si, K. (2019). The citation trap: Papers published at year-end receive systematically fewer citations. Journal of Economic Behavior & Organization, 166, 667-687. doi:10.1016/j.jebo.2019.08.007.
続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 04:37 | Comment(0) | 科学実践・科学制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする