2017年12月10日

2D:4Dが低い男性は峰不二子体型の女性と交際していることが多い


2D:4Dというものがあります。2D:4Dとは、人差し指の長さと薬指の長さの比率のことです。日本語では示指環指比です。digit ratioとも呼ばれます。finger ratioといえば、普通は2D:4Dを意味します。通常、男性は薬指よりも人差し指の方が短く、2D:4Dが低くなります。これは、胎児期に暴露されるテストステロン量が多いと、薬指が長くなることによるとされます。ただし、2D:4Dは胎児期のテストステロン暴露量だけでなく、テストステロンへの感受性の影響も受けると考えられています。対して、胎児期エストロゲン暴露量が多いと、薬指より人差し指の方が長くなるため、女性は2D:4Dが高くなります。

さて、今回は2D:4Dが低い男性はウエストが細い女性と付き合っていることが多いという研究です。特に、右手の2D:4Dが低い男性は、ウエストが細く、なおかつ巨乳の女性(峰不二子体型の女性)と交際していることが多いという結果が得られました。

なお、胎児期に暴露される性ホルモン量に影響されるのは、指の長さの比率だけでなく、生殖器から肛門までの距離、すなわち肛門性器間距離(AnoGenital Distance,AGD)もあります。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 23:18 | Comment(0) | 2D:4D(人差し指と薬指の長さの比) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

浮気をしたことがあるかどうかは声を聞けば分かる


他者が1〜10まで数を数えている時の声を聞くだけで、その人が浮気をしたことがあるかどうか分かる、という研究があります。特に声のピッチが低い人は浮気したことがありそうだと思われやすいようです。ただ、男性が評定者の場合、女性の声のピッチが低いと、その女性の浮気性が高いかどうか判断するのが難しくなります。

Hughes, S. M., & Harrison, M. A. (2017). Your Cheatin’Voice Will Tell on You: Detection of Past Infidelity from Voice. Evolutionary Psychology, 15(2), 1-12. doi:10.1177/1474704917711513.

アメリカのオルブライト大学心理学研究室、ペンシルベニア州立大学ハリスバーグ校心理学課程の研究者による共著論文です。

声の評定者は異性愛の大学生152人(女性88人,男性64人,平均年齢20.01歳,SD = 2.13,範囲18〜32)。白人65%、アフリカ系アメリカ人/黒人23%、ヒスパニック系/ラテン系7%、アジア系4%、その他1%。調査時点で恋人がいたのが45%、恋人がいなかったのが55%。

後述するように、声刺激は未加工のものと加工されたものを用意していました。未加工の男女の声20種類を評定した者は54人(女性29人,男性25人)。加工済みの女性の声20種類を評定した者は45人(女性26人,男性19人)。加工済みの男性の声20種類を評定した者は53人(女性33人,男性20人)。続きを読む

スポンサードリンク

posted by マーキュリー2世 at 00:50 | Comment(0) | 恋愛心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする